シミュレーションとは?

快適さを得るためにたくさんのエネルギーを消費するような暮らし方は、今、そして未来の地球を考えたとき、ふさわしいものと言えません。
そこでタイコーが取り組むのが、太陽や風といった自然の力から暖かさ、涼しさ、そして明るさを得ることができる住宅設計手法です。「パッシブデザイン」という考え方です。
パッシブデザインを行うにあたって、大切なことは、現地における太陽の位置や風向き知り、自然からどれだけの恩恵を受けられるかを設計段階で把握することです。
「シミュレーション」とは、あらかじめ入力された太陽の軌道や現地特有の風向き(卓越風)と、邸宅の向きや間取りとの関係性をコンピュータで計算し、その効果を数値として把握する作業です。これにより、あらかじめ「どのくらい快適か?」を予測した住まいづくりをすることができるのです。

パッシブデザインについて詳しくは
「理にかなう考え抜かれた家」をご覧ください。

パッシブデザインイメージ