No.048 北欧インテリアのお手本「1.5世帯 連続水平窓のある家」豊中市

完成予想パース
閑静な住宅街の中にあるS様邸は、約112m²(約34坪)と恵まれた立地条件。南に隣棟が建つ北東角地ながらも東・北側に開けており、初めて土地を見に行かせていただいた時に、リビングを2階に設けることができれば、良好な眺望と太陽の光を積極的に取り込むことができると感じました。

プラン作成にあたり、最初に検討したのは駐車場の位置と玄関の位置です。北面は敷地の約18mが接道しているため駐車場は取りやすい形状ではありましたが、通行量を考えると北面より東面に配置した方が駐車が容易であると判断しました。玄関は東に配置することも可能でしたが、北側の中央部に玄関を設けることになりました。1.5世帯住宅ということもあり、親世帯の部屋を日当たりの良い北東角地に配置するためです。

リビングの配置は初見のイメージどおり北東角地部分に窓をとって設計していきました。角地の特徴を活かしてより眺望の良いL型の連続水平窓を設置することで、シンプルな形状の外観にアクセントと連続性が出ました。

2階のLDKをより開放的かつ明るくするために2.5寸勾配で天井を南上がりに計画して、南面からハイサイドで光を取り込めるように設計し、ここちよいLDKを実現しました。ご夫婦のお好きなシンプルでナチュラルな北欧テイストのインテリアとパッシブ設計の融合した上質で心地よい空間のお家となりました。

Completion | 竣工写真

  • 竣工写真1
  • 竣工写真2
  • 竣工写真3
  • 竣工写真4
  • 竣工写真5
  • 竣工写真6
  • 竣工写真7
  • 竣工写真8
  • 竣工写真9
  • 竣工写真10
  • 竣工写真11
  • 竣工写真12
  • 竣工写真13
  • 竣工写真14
北欧スタイルのインテリアが素敵だね
  1. シンプルな片流れの外観形状にひときわ目立つ東〜北にL型に連なる連続水平窓。SE構法の構造体とデザインの融合です。

  2. 2.5寸勾配で南面に高く伸びた棟頂部から南の日照を確保するパッシブデザイン。2階LDKとの相性バツグンで開放的で明るい空間を実現します。

  3. 北側の道路から一歩入り込んだ玄関。交通量がそこそこあることから安全面、プライバシー面を考えてのレイアウトとなっています。木調の軒天井がポイント。

  4. 北東角に設けた親御さんのお部屋。プライバシーを考えて天井に突き付けで窓を設置。座ると道路は見えずに北面の学校の植栽を望める目線設定です。

  5. 生活リズムが異なる1.5世帯住宅ではどこを共有しどこを個別で設計するのか?の検討が必要です。S様のお家はミニキッチンを設置して、ほどよい距離感を作り出しています。

  6. LDKへとつながる2階への階段は、最初の数段をスケルトンにしてスッキリ感を。また側部には秘密の扉があり、植栽や照明も飾りつけできちゃいます。

  7. 主寝室には造作した窓台がありインテリアのポイントになっています。上部にはスクリーンが収納されているので映画もゆっくりお楽しみいただけます。

  8. こだわりの洗面所は家事室としてもお使いいただけるように設計されており、収納、アイロン台、下足洗いシンク、室内物干しなど、多機能です!

  9. 勾配天井になったLDKはシンプルナチュラルなスタイルに北欧インテリアが映えます。南面のハイサイド窓からはしっかり光と熱を取り込みます。

  10. 階段手すりを鉄骨にすることで抜け感のある空間になります。視線が抜けるだけでなく、南からの光も窓からしっかり取り込めます。

  11. 1階と同じく2階にもL型に連続水平窓が設けられており、外の眺望を取り込めます。対角線に窓をとっているので、風の流れや視線の抜けも抜群ですね。

  12. キッチン背面の収納はパントリー、ピアノ入れ、収納、カウンターデスクとこれまた多機能。スッキリと造作された建具で隠せるのでゴチャゴチャしません。上部には間接照明があり夜も素敵です。

  13. アイランド型キッチンをドンと中央に据えてお客様をお迎えします。いつも素敵なキッチンを実現するには機能的な背面収納が大切。造作との組み合わせもタイコーのコーディネートならでは!

  14. お手洗いの前には独立した洗面スペースを設けています。お客様にも、子供たちにも大好評です。

内部をもっと見る

Design | デザイン

  • デザイン1
  • デザイン2
  • デザイン3
  • デザイン4
  • デザイン5
  • デザイン6
  • デザイン7
  • デザイン8

間取りを見る

土地の周辺環境から、初見で2階LDKの方が効率的な家が建てられるなと感じたS様邸。LDKの配置計画は北東側に、その階下に親世帯の部屋とゾーニングが固まっていきましたが、外観デザインをどうまとめていくのか?内観インテリアと外観のイメージを合わせながら、しっかりと光・風が可視化できるデザインを特に意識して設計提案をしていきました。

ル・コルビジェの提唱する近代建築の5原則のなかの「水平連続窓」。建築技術の進歩により、従来はできなかった開口部(窓)を水平に繋げていくことが可能となり、SE構法ではL型にも、1F、2Fで連続して設計配置することも構造的に可能でした。そこで外観でもっとも視覚的にポイントとなり、同時に建物内から眺望の取れる北東角に思い切って窓を配置しました。

南面に勾配天井であがっていくLDKは明るく開放的な空間。内装デザインはご夫婦のお好きな北欧テイスト。その考えの根底にあるのは「飽きのこないシンプルで機能的で上質なものづくり」。内観も外観も、家全体をこうした考え方でデザインしていくことで、極力無駄な線を減らすように設計していきました。

完成したお家は室内からも外からも、ともに水平の線(ライン)がキッチリとそろって空間を邪魔しない、心地よい景観が得られる家となりました。性能とデザインが融合する美しいお家がまた一つ誕生しました。

Concept |Concept |北欧インテリアのお手本「1.5世帯 連続水平窓のある家」

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(俯瞰)

南側のハイサイドライトが採光のポイントだね

配置計画

まず、最初に検討したのが駐車場の位置。北側道路の方が交通量が多いため駐車が容易な東側に配置しました。

次にLDKと親世帯の部屋をどこに配置していくのか?を検討。2階にLDKを配置し、その階下に親世帯の部屋を配置しました。理由は北東角地であることから必然的に北東に開いた設計提案がしやすいためと、眺望という意味でも北側にある高校の建物と塀の間に植樹がされており、その借景を取り込むことを考えて北東に窓をL型に配置。外観と内観のプロポ-ションを整える設計計画をしていきました。

シミュレーションとは?

日照と通風(卓越風)のイメージ

光と風の考え方

パッシブ設計を実現するために、2階に配置したLDKの屋根を勾配天井としてハイサイドの南の光を取り込めるように設計しました。また、北・東にL型に設けたリボン・ウィンドウからは多方向から吹く建設地の特徴的な風向を取り込めるように設計デザインしています。

西面には居室空間が配置されていますが、隣棟もあるので西日は遮蔽されているため、風を効率的に取り込めるように家全体を長手方向の対角に窓を配置して、風の流れをシミュレーションしています。
快適で明るい住宅には窓の設計計画がとても大切ですね。

Simulation | 日照シミュレーション

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋外)

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋内)

北東の角地であることから東面からは午前中は光が入り込み、そのまま太陽が昇り南面の勾配天井のハイサイドライトから光が差し込んでいくことになります。

午後からは、西側ではなく大きくとった北側の連続水平窓から安定した拡散光を取り込めるように窓配置を設計しています。

都市での建築ではなかなか庭を取ることが難しいのですが、北側にある学校の植樹を窓からの借景として活用することで、青空を背景に風にゆれる木々を眺めながらゆったりとくつろぎいただけるように、日射だけでなく土地のポテンシャルを引き出せる景観設計していきました。

Impressions | お客様の声

お客様写真

プレゼンがすごかったんです、タイコーさんの。それが決め手でしたね。

物件名
S様邸
所在地
豊中市
構 造
木造2階建て SE構法
築年月
2017年
延床面積
121.73m²
この土地が見つかるまでの間、家をつくってもらう会社さんを10社以上検討しました。ハウスメーカーの家は、どうしてもデザインの制約があるため、早い段階で検討外に。各社の施工事例やデザインセンスを参考に絞っていき、工務店さんと設計事務所さんが計4社になった段階で、各社に話をうかがいに行くことに。同時に、私たちがつくりたい家の要望をそれぞれの会社さんにお伝えして、提案していただくことにしたんです。

要望としては、それぞれの部屋をすべて明るく、そしてキッチンから家族全員の顔が見えること。それとランドリールームを広くでした。そうやって各社に提案していただいたのですが、中には「同じ要望を伝えたはずなのに、なぜ?」と感じてしまう提案も正直ありました。そんな中、「リボン・ウインドウ・ハウス」というコンセプトで提案してくれたのがタイコーさん。建物の東面から北面に回り込む形で連続水平窓をシンボリックに設け、隣家と接する南面からは視線をかわすように窓をランダムに配置。それぞれから光を取り込むことで、家全体を明るくするという計画でした。まさに「待ってました!」の提案でしたね。

実は、家をたてる前から「こういう家」は頭の中でできあがっていたんです(奥さま)。そのイメージにスポッとハマるような提案でした。また、南側の窓は、当初一直線のハイサイドライトになる予定だったんですが、タイコーさんの提案でランダムな配置に。その時の「ル・コルビュジエの『ロンシャンの礼拝堂』っぽくしてみました」というプレゼンはポイント高かったですよ(笑)、それに、ベンチ兼テレビ台も私たちのツボにはまったアイデアでした。これがあるおかげで、十数人の来客があった時も、皆がくつろぐことができるんです。

プランやデザインだけでなく、タイコーさんの温熱環境に関するしっかりした知識にも安心できました。実は、家づくりには以前から興味があり、「快適な暮らしには高断熱高気密と換気が重要」ということも勉強していたんです。だから、各社を訪問した際にはプランやデザインだけでなく、標準としているUA値やQ値、C値そして断熱材などについても尋ねてみたのですが、中にはムニャムニャとごまかす会社さんもありましたからね(笑)

これから家づくりを考えていらっしゃる方へのアドバイスとしては、まず、住宅性能のことをしっかり考えている会社かどうかを見極めるということ。ホームページやパンフレットに数値目標を明示していない会社は、そのあたりの意識が薄いから注意ですね。そして、担当者とセンスやフィーリングが合うこと。これは実際に話してみないとわかりませんが、逆に少し話をすれば、その会社さんがどのくらい家づくりが好きかがわかる思います。第一印象は裏切らないと思って大丈夫ですよ。

Message | 担当者より

  • 営業 前田 良
    営業/設計
    前田 良

    S様との出会いは「気にいっている土地があるのでプランして欲しい」からでしたね。「タイコーならではの設計をしたいな~」といろいろ意匠も含めて検討していったのを覚えています。
    タイトルにもなっている連続水平窓のコンセプトも、初回のご提案の通りご採用いただいてうれしいです!
    外観と内観、そして性能の整合がとれるようにコーディネイターとも細かく話しあって意匠した上質な空間。改めていいな~と自画自賛できるお家になりました。

  • コーディネイト 林 千恵
    コーディネイト
    林 千恵

    S様はお会いした時からシンプルな空間とインテリアをご希望されているのを強く感じました。これがなかなかコーディネイト泣かせな点で、スッキリを実現するためにはしっかりとした収納計画を機能的にご提案できないといけないのです…。(笑)
    隠すと見せるのコントラスト(7:3)をしっかりと考えたご提案を心がけました。使い心地はいかがでしょうか?またお教えくださいね~

  • 工事 田中 陽平
    工事
    田中 陽平

    かっこいいだけの家はつくりたくない!とこだわり続けている住宅性能。最近では営業が上手くそれを「機能美だ」と表現しているので、なんとなく自分たち工事も美にかかわっているのだな~と感じる今日この頃。もちろん今回も丁寧な家づくりをさせていただきました!ぜひ高性能をご体験ください!

Thank | 振り返って

最初にお話しをお聞きした時から、これから増えてくるであろう家族構成でのお家づくりだな~と感じたのを覚えています。

超高齢化社会を独走中の日本ですが、住宅という意味では生活リズムやスタイルの違いからまだまだ2世帯住宅はそれほど普及していません。しかし、これから高齢化が進む中での住宅の一つの答えとして1.5世帯という形態は十分にあり得る話であると思います。

都市の限られた敷地の中でしっかりと居住空間を確立でき、デザインと機能を両立することができればコミュニケーションの観点、エネルギーの観点、もちろんコストの観点からも日本の住宅をすこし柔軟にしていくエネルギーがあるのではないかな~と設計・建築していきました。

そうしてできあがったS様邸を見て、「うん、やっぱりそうだな~!」と改めて感じることができました。いつもながら、こっちのほうが楽しみながら家づくりをしているようで恐縮ですがS様!タイコーとのお家づくりは楽しかったでしょうか?これからも引き続きタイコーをよろしくお願いいたします~!
  • シミュレーション時の画像シミュレーション時の画像
  • 実際の外観実際の外観
この施工事例の資料を請求する

施工事例