No.041 南北の風通しが快適な6間間口 「ピロティのある家」交野市

完成予想パース
田畑に囲まれたのどかな住宅地の中にあるT様邸は、約57坪の広い敷地に建つお家です。家の正面にあたる北側、そして南側にも田んぼが広がっています。T様のお父様が南側の田んぼを所有しており、お家の正面から裏側のあぜ道へと通り抜けができるようにというのがT様からのご要望の一つでした。

あぜ道へと通り抜けできるよう、建物を西側によせました。そして何と言っても、外観の大きなポイントにもなっているのが南北をつなぐピロティです。車庫と玄関ホール、寝室をつなぐピロティは、風が通り抜ける気持ちの良い空間であるだけでなく、自転車を雨から守ったり、ギャラリーや趣味でちょこっと使えるちょうどよい空間です。

2階LDKに面した南側の大きなバルコニーからは田畑が一望できる、のびのびとした空間になっています。
サーフテイストに合わせたインテリアは、「木の梁を『あらわし』にする」「あえてモルタルで仕上げにする」「壁に木を貼る」など、シンプルでありながら、こだわりのマテリアルを使い分けて質感でお施主様の感性を表現しています。SE構法ならではの南側大開口からは暖かな陽光が降り注ぎ、明るく気持ちの良いリビングが実現しています。

Completion | 竣工写真

  • 竣工写真1
  • 竣工写真2
  • 竣工写真3
  • 竣工写真4
  • 竣工写真5
  • 竣工写真6
  • 竣工写真7
  • 竣工写真8
  • 竣工写真9
  • 竣工写真10
  • 竣工写真11
  • 竣工写真12
  • 竣工写真13
  • 竣工写真14
ピロティ空間が気持ちいいね
  1. スッキリしたシンプルな外観。グレーの木目調サイディングと白壁が良いバランスになっています。

  2. 1階の中央はピロティ。ここなら雨の日でも時間を忘れて立ち話しちゃいそうですね。

  3. ビルトインガレージの奥にもご夫婦の趣味のスノーボードグッズがしっかりと。見せる収納ができるのも魅力です!

  4. 大容量のシューズクローク。アウトドアグッズも楽々とおけちゃいます!靴選びに迷ってしまいそうですね!

  5. 主寝室に間仕切り兼インテリアで設けたアメリカンフェンスはインパクト大!なんでもひっかけて飾れちゃいます。

  6. 見せ梁天井で木の家感がUP! 約20センチほど上げている天井の高さは2.6メートル。ちょっとの違いですが開放感が違います!

  7. 南側には広めのバルコニー。壁を無くして大きく窓を取ることで目線が通りやすく田畑の借景を感じれるゆったりとした空間を演出できます。

  8. バルコニーの手すりはスチール素材をブラック塗装でシャープに仕上げました。

  9. キッチン収納も木目調で全体的な統一感を出しています。タイル貼りの壁がシンプルな空間のちょっとしたアクセントとして品良く馴染んでいます。

  10. コンロ横にも見えないようにスッキリ収納スペース! キッチン収納がこれだけあると奥様も大助かりです!

  11. 将来2室に分けることのできる子供部屋。お子さんの成長に合わせて壁を取り付け、個室にすることができます。

  12. リビングのソファ後部にはちょっとした収納スペースとカウンター。壁に木を貼ることでインテリアショップのようですね。カウンターの上にはご夫婦の共通の趣味であるレゴコレクションが並びます。

  13. 造作の洗面台はすっきりシンプルな仕上がり。アクセントクロスにイエローを持ってくることで明るくエネルギッシュなイメージ!

  14. 南バルコニーへは90センチの庇が屋根と一体でデザインされており、外観を崩さずにしっかりと夏の日射をカットしています。

内部をもっと見る

Design | デザイン

デザイン6
  • デザイン1
  • デザイン2
  • デザイン3
  • デザイン4
  • デザイン5
  • デザイン7
  • デザイン8

間取りを見る

6間間口、11メートルの広い間口で、北向き敷地のT様邸。正面は北向きということもあり、窓はあまり取らず、小さめの窓をいくつか設け、すっきりとしたシンプルな顔に仕上げました。そして、田畑が広がる南側に大きな窓と広めのバルコニーを設けました。接道面からの人の視線をカットしながら南面に大開口を持ってくる。プライバシーを守りつつも開放的な空間になっています。
なんと言っても、このお家の一番の特徴は、1階に設けられたピロティです。近代建築の三大巨匠の一人ル・コルビュジェが近代建築の五原則のうちの一つにも数えたというピロティ。外部空間でも内部空間でもないあいまいな空間ですが、1階部分を吹放ちにすることで建物に軽快感が加えられ、気持ちよく風が通り抜けます。将来への可変性を残すという意味でもこれからが楽しみな気持ちいい空間です。
モノトーンのシンプルな外観はスッキリとした快適なサーフテイストの内観ともマッチしています。

Concept|南北の風通しが快適な6間間口 「ピロティのある家」

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(俯瞰)

南面が開けているからたっぷりの光と風を取り込めるね

配置計画

南北を田畑にはさまれたT様邸。南側にあるT様のお父様の畑へのあぜ道へ、トラクターが抜けられる道の確保がまず優先されました。そのため、東西に広い敷地の中で住宅を西側に寄せることであぜ道への道を広く確保し、そして、前面道路が子供の通学路としても使用されることから、子供たちがピロティの中まで入ってこないように目隠しの塀を設けました。
2階リビングの勾配天井は北側の天上高を高く設定しており、高めの窓を設けています。そうすることで、ダイニングでくつろぎながらもプライバシーを気にせず青い空、夜は星を眺めれる…。
そんな癒しの空間を実現しました。

シミュレーションとは?

日照と通風(卓越風)のイメージ

光と風の考え方

北向き敷地ということとプライバシーの確保という点から、あまり正面に大きな窓を設けなかったT様邸。その代わりに南面の窓を大きくとり、陽光がたっぷりと入るLDK空間を目指しました。バルコニーの庇は南に約90センチ出して冬は部屋の奥のほうまで光が届くように、夏はじりじりとした日差しが入ってこないように計算して設計されています。
屋根を勾配屋根にして、2階リビング上を勾配天井にすることで、北側は高めの位置に窓を設けました。北側の窓からは一日を通して安定した光が得られます。高めの位置の窓は通気の確保にも最適です。暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へ。その原理からすると、高めの窓からは家の熱せられた空気を外に出すことができ、一方の窓からはより新鮮な空気が入っています。心地よさとデザインの実は密接な関係、それがタイコーのパッシブデザインです。

Simulation | 日照シミュレーション

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋外)

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋内)

北面にあまり大きな開口を取らずに南面に大開口を取ったT様邸。正面が北側のため、日照シュミレーションを見ると家の正面は暗く感じるかもしれませんがシュミレーションでは表せないふんわりした北側の光を安定して取り込むことができます、反対にLDKに面したバルコニーを有する南側はしっかりと強い陽光が降り注ぎ、冬でも素足で過ごせるぐらい暖かそうです。もちろん夏の日射は90センチの庇でしっかりとカット。
居室を南側にまとめることで子供部屋・寝室にもしっかりと眺望と光が取り込める素敵なお家になりました。

Impressions | お客様の声

お客様写真

家づくりは一生に一回。妥協せずに夫婦でトコトンこだわりました。

物件名
T様邸
所在地
交野市
構 造
木造2階建て SE構法
築年月
2017年
延床面積
105.57m²
「家は3回建てないと思い通りの家ができない」って言われますよね。でも、おかげさまで1回目で満足のいく家づくりができました。ただ、その分、とても時間がかかりました。家づくりを考えはじめてからタイコーさんに出会うまでに約2年、その後も他の会社さんにも話を聞いてみたりしていたので、タイコーさんにお願いすると決めるまでに更に1年、そして順番待ちも含めて着工するまでに2年近くかかったでしょうか。

クルマは屋内保管をしたいという希望から、1階をビルトインガレージにして2階にリビングと水まわりがくるスタイルに落ち着くまでにも、何度も相談をしました。また、トイレの壁紙や洗面のタイルも納得のいくものにしたかったので、全てショールームに足を運び自分たちで選びました。タイル選びには品種が豊富だからと名古屋まで。とにかく妥協せずにとことんこだわりましたね。

理想としていたこの家が無事にできたのは、ひとえに前田さんとの出会いだと思っています。家づくりをするにあたって、ハウスメーカーの展示場にいったり、いくつかの工務店さんや設計事務所に話を聞いてみたり。その中の1社が、勤務先の先輩が教えてくれたタイコーさんだったんです。訪問して話をしてみると、「自分たちがやりたいことをわかってくれている」という感覚がすごく伝わりましたね。フィーリングが合うというか。インテリアの参考として教えてもらったショップのインテリアもイメージしていたものズバリでしたし。「家づくりを成功させる秘訣は、意思疎通ができる担当者を探すこと」だと言えると思いますよ。わたしたちのこだわりにつきあってもらったタイコーの前田さんや林さんも大変だったかもしれませんが(笑) 

私たちの家づくりがうまくいったもうひとつの理由に、「夫婦の趣味が似ていたこと」もあったかもしれません。ふたりともインテリアはサーフテイストが好みだったので、内装仕上げの色や素材を選ぶのにも、意見がほぼ一致しましたね。それと「レゴ」も共通の趣味です。リビングに飾ってあるレゴの街は長さがおよそ4メートル。実は、このレゴを飾ることを前提にリビングの広さやカウンターのサイズを割り出しました。ほんとはレゴをもっと買い足したいのですが、さすがにディスプレイするスペースを考えるとセーブせざるを得ない感じです(笑)

自分たちでリビングの壁を塗装したり、キッチンや洗面台のタイルを貼ったり、デザインだけでなくプロセス的にも満足できる家づくりができました。「家は一生に一回の買い物なので、妥協はせずにとことん追求する」という気持ちで取り組んだのが良かったと思います。そして、それをしっかりサポートしてくれたタイコーさんとの出会いが、すべてだったと思いますよ。

Message | 担当者より

  • 営業・設計 前田 良
    営業・設計
    前田 良

    T様の土地を見に行かせていただいた時、あまりののどかさになんだか懐かしさを感じました(笑)プランを考えていくうちに2階にボリュームが出てしまい、どうしようかと考えた果てにこういうのも面白いのではと提案させていただいたピロティ空間。気に入ってくださって嬉しかったのを覚えています。T様がこのお家でどんな風に過ごされるのか、想像するだけでわくわくします。これからもよろしくお願いします。

  • コーディネイト 林 千恵
    コーディネイト
    林 千恵

    ポップでなんだか楽しそうなインテリアに仕上がったT様邸。T様の個性、人柄が全面に出たインテリアになったかなーと思っています。度重なる打ち合わせ、今では懐かしいですね!こだわりたっぷりのお家、お友達もいっぱい呼んで、いっぱい自慢してください!(笑)

  • 工事 田中 陽平
    工事
    田中 陽平

    毎度毎度のことですが、タイコーこだわりの高気密、高断熱住宅に仕上がり、大満足しています!素敵な家ができてよかったです。
    住んでみたら分かる、その快適さ、ぜひぜひ!ご友人にも広めてくださいよ~!(笑)
    これからも宜しくお願いします!

Thank | 振り返って

今回はどんなお家になるのか…? 新しいお施主様に出会うたびにわくわくがとまらないのですが、T様に出会った時もそうでした。交野市の田畑の中に住宅が建ち並ぶのどかな風景。どのような家がふさわしいのか。ああでもない、こうでもないと何度もプランを考えました。結果、そののどかな風景を存分に楽しめる、それでいて景色にも馴染む素敵なお家に仕上がりました!

趣味も含めてライフスタイルが楽しそうなお客様が近年どんどん増えていっているのを感じます。住宅のリテラシーというとちょっと難しそうですが、住むことがそれだけではなく、よりそのご家族のスタイルに寄り添うようなお家が増えてきたことだと私たちは考えています。そしてそんなお役にたてることにワクワクしています。

「南向きに大きな窓をとるとこんなに明るいんだ!」「こんなに暖かいんだ!」ということをTさまにも身をもって感じていただけると思います。その暖かさもタイコーの高断熱高気密の性能があってこそのものです。どれだけ日射を取り込んでも隙間だらけの家では暖かくありませんし、断熱がしっかりできていないと意味がありません。建てて頂いたお客様には分かって頂けていると思うのですが、タイコーは本当に自信を持って高性能住宅を謳っています。ぜひお友達にも広めてくださいね~(笑)

打ち合わせを重ねるたびにT様との距離も縮まっていくのがとても嬉しかったです。タイコーを信頼して、すべて任せてくださって本当にありがとうございました。このご縁に心から感謝します。これからもよろしくお願いいたします!
  • シミュレーション時の画像シミュレーション時の画像
  • 実際の外観実際の外観
この施工事例の資料を請求する

施工事例