No.037 多方向に開口を設けたパッシブガレージハウス吹田市

完成予想パース
吹田市の中心部にほど近い、新たに分譲された住宅地の一角にあるN様邸。約86㎡の約26坪(建ぺい率70%・容積率188%)と限られたスペースの中で、最も効率的な面積、通風、日射について考え抜いたお家です。

他業者の建築条件を外した分譲地での注文建築という話でスタートした建築計画。注文住宅のお話も複数の会社と競合してプラン&お見積りということで、スピード感がとても重要なお家づくりでした。
プランについてまず最初に検討したのは、駐車のし易さです。当初よりビルトインガレージが条件であったので、特に日常の使い勝手を考えました。敷地は角地であるものの、北面の道は斜面となっておりアクセスは不可能。人も車の出入りも実質的には東面(分譲地道路)から入っていくことになるため、なるべく南に寄った東面に駐車場を設定する計画としました。
ビルトインガレージの大きさは、車一台とバイク1台が入るスペースを確保するため、柱や壁の無い広い間口(2.25間)が必要でしたが、これはSE構法を採用することでスッキリとしたガレージ空間を実現できました。

建物全体の採光計画でまず最初に考えたのは南からの日射。しかし、高低差の面白さや北面に広がる川と堤防のロケーションも美しさもあり、東と北面にも開いた、多方向に開く開口計画でプランニングしていきました。
視覚と風、光、それぞれ用途の異なる窓を組み合わせて立体的に構造を構成していくことで、どこにいても五感を心地よく刺激してくれる都市の中の大樹のような、そんな快適なお家ができました。

Completion | 竣工写真

  • 竣工写真1
  • 竣工写真2
  • 竣工写真3
  • 竣工写真4
  • 竣工写真5
  • 竣工写真6
  • 竣工写真7
  • 竣工写真8
  • 竣工写真9
  • 竣工写真10
  • 竣工写真11
  • 竣工写真12
  • 竣工写真13
  • 竣工写真14
3階バルコニーからの眺めが気持ちいいね
  1. すっと立ち上がった外観が特徴的な都市型3階建てのN様邸。周囲の高低差を利用した、タイコーならではの景観・日射・通風取得の手法が詰まっています。

  2. 東面3階部分(主寝室)がポッコリ飛び出た特徴的な外観。2階のキッチン背面のハイサイド窓もスッと水平ラインを強調して枠をつくる事で、ぱっと見は住宅に見えない不思議な外観になっています。

  3. ビルトインガレージの有効幅を最大限活かす構造躯体。柱や袖壁を極力排除しています。ガレージの奥にはご主人の書斎になっていて憧れのガレージライフを満喫できます。

  4. 玄関へのアクセスは6mのアプローチになっていて不思議な雰囲気。京都の料亭にでも迷い込んだような情緒感。

  5. 広くとった玄関土間の奥にはシューズクロークが完備されており、そのままホールのカウンター収納、廊下の収納とコの字を描くように収納できちゃいます。

  6. 2階LDKは柱や壁が無く上部には吹き抜けが広がる開放的な大空間。時間によって入り込む光の方位が移り変わっていく日時計のようなLDKです。

  7. こだわりのカスタムがされたタカラスタンダードのキッチン。美しい天板が背面のカップボードとコーディネイトされていて空間を引き締めてくれます。

  8. 造作されたTVボードと収納。キッチンとのお色味を合わせて空間をシックに彩ります。

  9. 西面のインナーバルコニーは大きくとってあり、BBQもできちゃいそうな心地よいスペース。 川と堤防の景観もさわやかなおすすめスポットです。

  10. 吹き抜け中央に階段と一体で造作したデスクスペース。パソコンコーナーにはちょっと贅沢?な 心地よい空間です。

  11. 吹き抜けを上っていくようなスケルトンの階段。集成材で組み上げた重厚な階段躯体と、軽やかなスチール手すりのコントラストが楽しいですね。

  12. 東面にポッコリと飛び出た主寝室。お家のテーマカラーのネイビーで落ち着いた雰囲気にコーディネイトされた安らぎの空間です。

  13. 北側の眺望を思いっきり取り込むキャットウォーク。3階建の利点をしっかりと反映したダイナミックな設計となっています。

  14. まるで屋上のような3階のバルコニー。心地いい風が吹き抜けて、ビールもすすみそうですね…。(笑)

内部をもっと見る

Design | デザイン

  • デザイン1
  • デザイン2
  • デザイン3
  • デザイン4
  • デザイン5
  • デザイン6
  • デザイン7
  • デザイン8

間取りを見る

都市の限られた敷地の中で、隣棟や周囲のロケーションを考慮しての立体的な3階建住宅。
お家のテーマからであるネイビーを、東面にポコッと飛び出たボックス部分に使うことで印象的なアクセントとして際立たせています。
東面はビルトインガレージの印象が大きいのと、道路向かいのお家へのプライバシーもあり、極力窓を少なくして、住宅には見えないシンプルでミニマムな印象の外観にまとめました。
3階建で立地的には3方あき(3階部分は4方あき)の開放的なロケーションを活かして、上下にそして全方位に、立体的に内部で交差した開口部を設けてお家の中からは優れた眺望と通風・開口を感じられる空間をイメージしていきました。
方位により外観のイメージもガラッと変わるお家で、北面と西面は隣接する川と堤防をダイナミックに感じれるようにバルコニーでつないでいます。

内部のインテリアはシックな色目で統一されており、LDKは中間色(ウクレレ)で塗装されたオーク無垢材の床にブラックカラーでアクセントされており、区分された各部屋は用途に合わせて印象的な壁紙でアクセントを加えた、ちょっぴりスパイシーなパッシブハウスが完成しました。

Concept |家族図書館のある南向きパッシブハウス

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(俯瞰)

吹き抜けに面した南の三連窓から光を採り込むんだね

配置計画

角地であるものの、北面接道は高低差があり、実際はアクセスできない敷地形状。ビルトインガレージがご要望でもあったため、より駐車がしやすい南側に駐車スペースを設け、必然的に玄関スペースは北側に配置されました。
建物配置もなるべく西側に寄せたため、配置計画自体はシンプルなレイアウトとなっています。

ただ、SE構法を利用した自由度の高い3階建てであることから、建物は立体的につながっており、時には飛び出したり、へっこんだりと1Fの敷地配置にとらわれない自由な間取り空間となっています。

シミュレーションとは?

日照と通風(卓越風)のイメージ

光と風の考え方

北東の角地であるものの、西側も駐車場として開けており、また3階部分は南側隣棟が2階建てであることから4方が空いた状態となっている開放感のある敷地条件。階層が上がるほどに日射・通風・眺望があがっていくロケーションのため、2階から3階にかけて大きく吹き抜けで繋がりを持たせて取り込んでいくという考え方でゾーニングを決めていきました。
同時にプライバシーの確保も念頭に置いた設計により、階層と方位によって閉じると開くがメリハリのある建物となっています。
「都市に建つツリーハウス」そんなお家になりました。

Simulation | 日照シミュレーション

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋外)

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋内1)

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋内2)

一年、一日を通して光が入り込む方位がぐるぐるとまわる日時計のようなお家になっています。
夫婦共働きのため、メインの時間帯を平日は夕方、休日は日中として、もっとも快適な空間を包み込むようにして間取りを配置していきました。
視線の抜けと同時にプライバシーも守れるように立体的に窓を対角に配置しているのでどこにいてもリラックスできるLDK空間を実現しています。
大きな吹き抜けから注ぎ込む光が家の中とは思えない開放感のあるお家となりました。

Impressions | お客様の声

お客様写真

プラン、価格、そして提案力。総合的な判断でタイコーさんに決定

物件名
N様邸
所在地
吹田市
構 造
木造3階建て SE構法
築年月
2017年
延床面積
138.91m²
土地を購入しての新築です。条件付き分譲地だったのですが、建築条件が外せるということで購入しました。

業者さん選びにあたっては、ハウスメーカーの総合展示場に行ったり、インターネットで調べたり。3~4社から資料請求を行い、そのうちハウスメーカーを含む3社さんにプラン依頼と概算見積をお願いしました。

プラン依頼をするにあたっての要望は、車やバイクが好きなので1階が広いガレージであること。それと、川に面した角地の立地を活かした開放感が味わえること(ご主人)。キッチンは明るくて、カウンターのないオープンなレイアウトであること。そして、人工大理石の天板。また、全体として窓が多く明るいことでした(奥さま)そして、夫婦それぞれの書斎も欲しいということも。
また、耐震性能が最高等級である「3」であることも要望させてもらいました。1階が柱や壁の無いガレージで、かつ窓の面積を広く取り、それでいて耐震等級3は、工務店さんにとっては難しいお題であったかも。
そんな難しいかったであろう条件の中で、希望に近い提案をしてくれたのがタイコーさんでした。SE構法を採用することで、1階のガレージを柱の無い広い空間にするという提案は魅力でしたね。他社さんはどうしても壁が必要であったり、柱が太くなったり…。さらに、住宅ブランド化国産材を柱と梁に使うことで国の助成金がもらえることを提案してくれたのもタイコーさんだけでしたね。

プラン、価格、そして提案力の総合的な判断でタイコーさんにお願いすることに。結果的には、タイコーさんの初回プランに、欲しかった吹き抜けを加えるなどの若干手を加えることで、ほぼ現在の形になりました。
さらに、ディティールに関しては、さまざまな提案も。特に、トイレの壁紙やキッチン背面とキャビネットのパネル材など、オークのフローリングと白い壁というシンプルな内観に対してのアクセントはすごく効果的でしたね。

いま一番気に入っているのは、休日の朝のキッチンからリビングの眺めです。朝ごはんの準備をしながら川の堤防をジョギングする人をながめる、そんなのんびりした空気感が、忙しい平日の疲れを癒やしてくれる感じです。

Message | 担当者より

  • 営業 羽柴 仁九郎
    営業
    羽柴 仁九郎

    N様とは出会いからのスピード感がとんでもなかった、そんな思い出がいっぱいです(笑)。
    プランと同時に地域型グリーン化事業の助成金事業のエントリーそして竣工の期限付きと、なんだかバタバタした流れでしたが、しっかりとこだわりの設計、ショールームでの各種仕様のチョイスをさせていただきこだわりのお家が出来たことがなによりうれしいです。 Nさまこれからもよろしくお願いいたします。

  • 設計 山村 恭代
    設計
    山村 恭代

    毎週のお打合せのたびの宿題を楽しんでいただけましたでしょうか(笑)。
    限られた時間での打ち合わせにはなりましたが、3Dを見てもらいながらご夫婦でプラン検討していただいている姿が印象的でした。
    完成したお家を見ていただいて喜んでいただいたのを見てほっと一息つけた…、そんなスピード感のあるお家づくりでした。

  • コーディネイト 林 千恵
    コーディネイト
    林 千恵

    こだわりの部分が多かった…お家ですね(笑)LDKのインテリアはシックに仕上げて小部屋は思い切ったアクセントクロスを使われていたのが印象的です。
    家電の配線や配置までしっかりと考えた造作の数々。使い勝手はいかがでしょうか?
    またお教えくださいね~

  • 工事 田中 陽平
    工事
    田中 陽平

    お施主様も断熱・気密にご興味があり腕のふるい甲斐があったN様邸。
    プランニングと助成金申請はバタバタしたようですが、建築はいつも通りの工程でどっしりと建築させていただき、こだわりのスペックが実現できました。
    N様!あったかく涼しいタイコーのお家はどうですか?

Thank | 振り返って

地域型ブランド化事業の採択物件であり、工期からエントリーまで確かにバタバタだったな~…と記憶しているN様邸。上棟の日の中間で「ホッ」と一息ついたのを今でも覚えています(笑)

3階部分は実質4方あきの、都市部でありながら恵まれたロケーションのN様邸。初回のプランニングから外観含めて「攻めた」ご提案をさせていただいたのですが、ほぼそのままの姿でお家は竣工を迎えることができました。ガレージライフを満喫してもらいつつ、しっかりと開放的なLDK空間を実現できてよかったです。

個人的にキャットウォークからの北面のバルコニー空間が大好きなのですが、N様の一番のお気に入りの場所はどこでしょうか?
N様、これからもよろしくお願いいたします。
  • シミュレーション時の画像シミュレーション時の画像
  • 実際の外観実際の外観
この施工事例の資料を請求する

施工事例