No.036 庭づくりにこだわった9間間口 2世帯住宅パッシブハウス東大阪市

完成予想パース
幹線道路に面したS様邸。必然的に交通量は多く、プラシバシーをどう確保するか? をしっかりと検討する必要がある立地です。ただし、18mを超える圧倒的な東側間口と西側は公園に面しているという優れたロケーションでもあるため、プライバシーと日射に加えて景観も検討していくことができる恵まれた敷地でした。

配置計画ではまず最初に、道路からいかに距離を確保するか? を検討しました。騒音・振動・プライバシーともに道路から遠ざけることでより有利に建築できることから、間口いっぱいを使って道路から4m以上後退して駐車場を建物の前に配置しました。
駐車場の形状は建物と一体形状で検討し、外構計画ともつながりのあるように設計しました。

外観でも大きなアクセントになっている建物の間口となる水平に連なる約17mの軒は圧巻であり、軒に木を貼ることでさらに外観を特徴づけています。
南側からの日射も2世帯であることから、1階、2階それぞれのLDKにとりこめるように立体的に配置し、しっかりと軒を確保し夏の日射は遮蔽できるパッシブの設計となっています。

共通の入り口である門扉、アプローチ、玄関を造園家である荻野寿也景観設計と共同してつくりあげることで、家の中からの借景にこだわった庭づくりを実現することができました。
特別にしつらえた「庭」ではなく自然の雑木林を切り取ってもってきたような馴染む空間を、建物・外構と一体して作り出したこれまでにない新しい家づくりのご提案となりました。

Completion | 竣工写真

  • 竣工写真1
  • 竣工写真2
  • 竣工写真3
  • 竣工写真4
  • 竣工写真5
  • 竣工写真6
  • 竣工写真7
  • 竣工写真8
  • 竣工写真9
  • 竣工写真10
  • 竣工写真11
  • 竣工写真12
  • 竣工写真13
  • 竣工写真14
ウォールナットのフローリングが大人の雰囲気だね
  1. 水平ラインと垂直ラインでシンプルにまとめらた外観デザイン。ガレージも建物と一体でデザインすることでスッキリまとめています。

  2. 北側の一部をくり抜いたように見せることで、立体感のあるデザインとなっています。軒と連続した柱壁を木を貼ってアクセントにしています。

  3. 南面の窓に外部日射遮蔽ヴァレーマを採用し、夏の日差しもしっかりとカットできるように機能美を意識しました。

  4. 玄関入って正面の大きなフィックス窓越しにこだわりの庭が見え、四季折々の自然の美しさを届けてくれます。

  5. 広くとったシューズクロークはスッキリ&たっぷり収納でき、毎日の使い勝手をしっかりとサポートします。

  6. 客間として使える和室は独立した空間であり、座った状態から南庭を自然と目にできように低くワイドな窓をセレクトしています。

  7. モダンな1階LDKは、2階に比べて濃い色のアジアンウォルナットを使用した落ち着いた雰囲気。造作も色味を合わせてコーディネイトすることで上質な空間となります。

  8. 間接照明や造作のTVボードと水平ラインを強調するインテリアにすることで、連続した空間として心地よいリズムを作り出しています。

  9. リビングからの眺めを意識した庭。照明計画も夜でも窓に室内が映りこまないようにしっかりと配慮した丁寧な庭づくり。

  10. 主寝室は落ち着いてお休みいただけるように、壁の一部を凸してアクセントクロスで仕上げています。全体のクロスも少しトーンを落として良質な睡眠をいざないます。

  11. 2階LDKは天井にも木を貼ってのびやかな空間を演出しています。バルコニーにも連続して木の天井が連なり、内と外の境界を越えて視覚を楽しませてくれます。

  12. こだわりのL型キッチン。天井・壁面の見え方もしっかりとイメージしてデザインされた空間はレストランのようです。

  13. 主寝室は天井と壁の一部を凸してアクセントとして仕上げています。天井には間接照明も入り、雰囲気のある空間となっています。

  14. 2階のインナーバルコニーは、しっかりと屋根がかぶさり雨と夏の日射を防ぎます。こうすることでリビングと繋がった空間として利用度が一気にあがります。

内部をもっと見る

Design | デザイン

  • デザイン1
  • デザイン2
  • デザイン3
  • デザイン4
  • デザイン5
  • デザイン6
  • デザイン7
  • デザイン8

間取りを見る

もっとも「見える」東面のデザインをベースに検討していきました。
駐車場の配置を最初は北面に集約して東西に長い箱型デザインも検討しましたが幹線道路に近くなってしまう点と、敷地の特徴である広い間口が建物デザインに活かせていないため、思い切って道路から後退し、間口いっぱいの建物をデザインしました。
のびやかに伸びる間口は屋根の形状にもしっかりと現れ、東側風景に雄大に広がる生駒山の稜線とシンメトリーになっているデザイン。軒と連なって水平に伸び垂直にドンと直角に折れる柱壁に木を貼ることで、とても特徴的な外観デザインとなっています。
2Fの北側の一部をくり抜いたようにデザインすることで、建物と建物の隙間にぽっかりと青い空が現れ、のっぺりしてしまいがちな建物の中に「間」を演出しています。
南面はどの窓もしっかりと日射遮蔽を。軒・外部遮蔽装置で設計することで夏涼しく冬暖かい日がさす空間を作りだしています。
「庭」を建物と共存する形で作り出すというのがテーマにあるS様邸。窓を介して外と内がつながる空間に昼・夜そして日本の四季をしっかりと移ろいゆくものとして取り込めるように視界を考えながら建物の奥に外部と繋がる抜けのある窓配置デザインを重要視しました。
2世帯住宅ということもあり、各階つながりもありつつも、それぞれの世帯の感性になじむインテリアデザインを両立した、モダンで風情のあるお家となりました。

Concept |庭づくりにこだわった9間間口2世帯パッシブハウス

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(俯瞰)

道路からは隠れた南側の各面から光を採り込むんだね

配置計画

広い間口をどのように活かすか?がテーマとなったS様邸。
基本の配置計画が大きく2パターン考えられて南北に伸ばすか、東西に伸ばすか? 検討していきました。
考え方により多様化するデザインをプライバシー・音・振動 等の要素を防ぐという点から整理して東西にドンと構えた外観デザイン案を採用しました。
東側面は道路面ということもあり、窓等も制限して設計デザインし、南側に広がる内庭を形成するように敷地にそって建物の輪郭を形成していきました。
水平に伸びた建物と並行して伸びる生駒の稜線が景色にも思い出にもなじむ美しいデザインとなりました。

シミュレーションとは?

日照と通風(卓越風)のイメージ

光と風の考え方

東面からの恵まれた採光もとれる敷地設定ですがプライバシー・音に配慮しあえて窓は控えて配置。
採光よりも眺望を重要視したレイアウトとしています。
南の光はしっかりと取り込めるように大きな庇・外部側で日射がとれる「すだれ」のような機能をもったヴァレーマを採用することで、しっかりと快適に光をとりこめるパッシブ設計となっています。
庭を建物の輪郭にそってぐるりと配置しているので、季節に応じて庭を通り抜けた涼しげな風がかけぬける趣のある住宅となっています

Simulation | 日照シミュレーション

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋外)

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋内1F・LDK)

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋内2F・LDK)

東からの光は高い位置に設けた横長の窓から取り込み同時に生駒の稜線を眺望することがきでるように配置デザイン。南の開口はしっかりと開き木漏れ日が深く入り込む光のデザインを施しました。
夏は大きな庇と外部で日射遮蔽が行える装置を取り付け、モダンでかつ機能的なデザイン設計となっています。
住んでから感じていただける快適性目に見えないものだからこそしっかりとタイコーは丁寧に作り上げていきます。

Impressions | お客様の声

お客様写真

快適な二世帯住宅づくりに欠かせなかったタイコーの「提案力」

物件名
S様・H様邸
所在地
東大阪市
構 造
木造2階建て SE構法
築年月
2017年
延床面積
272.53m²
この敷地にあった築90年の母屋と築40年の離れを取り壊しての建て替えです。それまで東京に住んでいた私(子世帯)が大阪へ異動になるタイミングで、二世帯住宅への建て替えを私から提案しました。自分も祖父母のいる環境に育ったことに感謝しているので、3人の自分の子どもたちも同じような環境で成長して欲しいと願ってのことです。もちろん、親世帯の面倒も同居している方が便利ですからね。

玄関は共同ですが、それ以外のキッチンはやお風呂、トイレはそれぞれの世帯ごとに備わっています。1階が親世帯、2階が子世帯という感じです。
1階でこだわったのは「落ち着いた雰囲気」。そのため、色がダーク系のアジアンウォールナットをフローリング材に選んでいます。対して、2階はナチュラルな雰囲気に。フローリングも少し明るめのアメリカンウォールナットで仕上げてもらっています。各階のプランや細かなデザインについては、それぞれの女性陣のイニシアチブでもっぱら決まっていきました。私(子世帯のご主人)が口をはさめたのは「お風呂を広く」と「書斎スペース」くらいかな?

そして家全体のイメージとしては「緑に囲まれたモダンな和」がテーマでしたね。母がガーデニングが好きということもあり、外構の庭にはかなり力をいれました。造園をしてもらった荻野寿也景観設計さんもタイコーさんの紹介です。周囲に植えられた木樹がこれから成長していって、この家を優しく包み込んでくれる姿を楽しみにしています。

タイコーさんにお願いしたのは、父親が羽柴社長を昔から知っていたため、ということがあります。以前から見学会にも行ってみたりしていたそうです。そんな縁もあって、二世帯住宅化するにあたっては、かなり相談にのってもらいましたね。最初に提案してもらった時の原型が全く変わってしまうぐらい打合せも頻繁に。いろいろ無理もいいましたが(笑)

おかげで、ハウスメーカーでは実現しずらいであろうデザインや、自分たちが欲しかった空間のイメージを実現することができました。ただ、それ以上にタイコーさんと家づくりをして良かったなと思うのが「提案力」です。断熱気密仕様を説明するにあたっても、光熱費の経済的メリットをキチンと説明してくれる。材料選びにあたっても、予算に応じてバリエーションを示してくれるなどです。一言でまとめるとすれば「トータルでバランスよく家づくりをしてくれる」ということでしょうか?これからも世代をまたいでのお付き合い、よろしくお願いいたします。

Message | 担当者より

  • 営業 羽柴 仁九郎
    営業
    羽柴 仁九郎

    縁があってお家づくりのお手伝いをさせていただいたS様・H様邸の建替え計画。土地の調査からスタートでした。土地の境界の明示や分筆等々、ずっとお住まいされていてもなかなか気づかない土地の問題を解決してからの設計提案でしたね。
    こだわりのインテリアが家具・照明・外構・庭づくりにまで統一されとても質の高い空間が実現できたと思っています。これからも幸せな笑い声がこの場所で響き続けるんだな~とお手伝いできた幸せを感じています。これからもよろしくお願いいたします!

  • 設計 山村 恭代
    設計
    山村 恭代

    シンプルな外観デザインの中で強く主張したかった間口にそった長大な水平ライン。
    どのように設計したらもっともプロポーションが軽く・強く実現できるか?結構悩みました(笑)
    2世帯ということもあり、プライバシーや生活時間帯の違いも考え配置設計していったのですが今回は新たに荻野景観さんと「庭づくり」にまで係ることができ設計としていい経験ができたと思っています。あいがとうございました。

  • コーディネイト 林 千恵
    コーディネイト
    林 千恵

    色味を重視してインテリアを構成しているマテリアルを厳選したいったお家になります。お好みをイメージして素材を機能や質感でチョイスしていったお打合せ、ご提案で悩ませてしまったこともあったかもしれませんね…(笑)完成したお家の風情がなんとも言えず上質で思わず出来栄えにニンマリしてしまうのですが、これからもお家ともどもよろしくお願いいたします。

  • 工事 田中 陽平
    工事
    田中 陽平

    いつもながら真面目にあったかいお家づくりをさせていただいたのですが、大工さんもびっくりのそのボリューム。今まで見たことの無い量の断熱材がこれでもかとたっぷり詰まっております。こだわりが作っていても伝わってくる家づくり。毎度毎度楽しませていただいておりますが、今回も自信があります!これからもよろしくお願いいたします。

Thank | 振り返って

注文住宅でも「建替え」の場合は今までの家の想いでやお施主様が見てこられた風景をどこまで引き継いでいくのか…? をまずは考えます。
今回の計画では2世帯住宅への変更もあったので、まずボリュームが単純に倍ほど大きくなることから従来のお家の配置や形状を引き継ぐことは難しかったので、もっとも変わらず先祖代々感じてこられたであろう東面に広がる雄大な生駒山の稜線を感じていただけるように設計デザインしました。
まったく新しいものをデザインしつつ古くからの想いを受け継いでいく、それは設計のみでなくある意味タイコーが建てている家づくりそのものにも共通していくことがあるのかもしれません。

シンプルでかつ強靭な柱・梁で構成されふすまや障子でフレキシブルに可変できる「部屋=間」という考えかた。
しっかりと南に庭をとり、大きな庇で光と風を取りこむ伝統デザイン。断熱材のなかった時代に縁側と障子で断熱層を建築空間の中に作り出したおおらかな設計手法。
技術によって進歩しても、自然の豊かさ・厳しさに対してしっかりと対応していくことが、美しい四季のある日本で私たち建築に係る人間の使命なのかな~と、ポカンと哲学的に考えたりさせられたりした家づくりでした。
S様・H様 これからもよろしくお願いいたします~!!
  • シミュレーション時の画像シミュレーション時の画像
  • 実際の外観実際の外観
この施工事例の資料を請求する

施工事例