株式会社タイコーアーキテクト Idea Trium(イデア・トリウム)

No.035 家族図書館のある南向きパッシブハウス東大阪市

完成予想パース
閑静な住宅地の中にあるT様邸。約63坪(通路部分17.8坪含む)の広い敷地に建つ邸宅です。分譲地の一番奥の敷地であり、いわゆる旗竿地形状。前面の道路の通行量は少なく、ゆったり配置の設計が可能な敷地です。
接道は東向きですが、車の進入部分を除くと建物としてはどっしりと南向きに配置することができます。ただし、南側隣地に事務所倉庫が建つため、プライバシーや日射を検討する必要はありました。

旗竿形状の土地は、車はバックで進入する形状であることから、建物に対して縦列での駐車形状となります。またプライバシーや日射のことを考え南側隣地の建物との距離をなるべく離して配置したいと考え、南側敷地境界から約4mを建物間口全体でどんと離して検討していきました。そうすることで4m(公道と同じ幅)の空地ができ、しっかりと日射を確保しつつプライバシーが守られる建物設計が可能となりました。

LDKとこだわりの「家族の図書館」をどこに配置していくのか? 検討した結果、2階LDKでしっかりと南に開いて天井を高くした開放的な空間をつくり、広い玄関ホールから自由に出入りできる多目的な空間として「家族の図書館」を配置していきました。

建物形状をL型にすることで北側に裏庭スペースができて、住んでからの楽しみの余白もしっかりと確保した、「育てていく家」をコンセプトに楽しんでいただけるお家がまたひとつ完成しました。

Completion | 竣工写真

  • 竣工写真1
  • 竣工写真2
  • 竣工写真3
  • 竣工写真4
  • 竣工写真5
  • 竣工写真6
  • 竣工写真7
  • 竣工写真8
  • 竣工写真9
  • 竣工写真10
  • 竣工写真11
  • 竣工写真12
  • 竣工写真13
  • 竣工写真14
家族図書館って素敵な空間だね
  1. 約30mの長~いアプローチ。旗竿型の土地の特徴ですが、敷地がこんなに広いのって、ちょっとお得で贅沢な気分。

  2. 外観はシンプルに白でまとめたコーディネイト。しっかりと南に出たインナーバルコニーが特徴です。

  3. 凹っとへっこんだ玄関ポーチ部分。雨に濡れずに家に入れるのはもちろん、ギャラリーとしても使えるちょっと多目的なスペースです。

  4. 広々とした玄関は2.7m幅でゆったりとホールにつながり、訪れたお客様をやさしく迎えてくれます。

  5. ホール幅や階段幅が広く、共有のスペースをのびのびと取っているのが特徴。書庫へのつながりも、2枚引き込みドアでアクセスしやすいバリアフリーの設計となっています。

  6. こだわりの家族図書館コーナー。たっぷりの書棚が部屋でなく共有のスペースにあるってなんだかホッコリしますね。

  7. 突き当りのおしゃれな窓辺の隣にはウォークインの収納。将来的には書斎にしてもよさそうですね~。まったりと籠れそうです!

  8. 造作の手洗いスペース。ホールの一部にとっているので、帰宅時の手洗い習慣が自然とできますね。電気スイッチもかわいいです!

  9. 洋室からは裏庭を眺めることができます。窓からちょこっと見える景色がいいですよね~

  10. 敷地の台形になった部分を利用した裏庭。将来的にどう変化していくのかも楽しみですね。家庭菜園、小屋を建てたり!?楽しみです。

  11. 南にど~んと面した2FのLDK。縦長形状に約10mの奥行きで迫力満点です。バルコニーへのアクセスがスムーズなので使い勝手もいいですね。

  12. すっきりした対面キッチンはカップボード、棚、サイドに設けたパントリーと、使い勝手にもこだわりました。

  13. 2Fのホールにも独立した造作の手洗いスペースを確保。LDKを2Fはこうすることでお客様に脱衣所を見せずにスマートにお化粧直ししていただけます。

  14. 外観の特徴にもなっている、南に約1.4m飛び出たインナーバルコニー。大きな庇があるので夏の日射も雨もしっかりと防いで快適なLDKを実現!

内部をもっと見る

Design | デザイン

  • デザイン1
  • デザイン2
  • デザイン3
  • デザイン4
  • デザイン5
  • デザイン6
  • デザイン7
  • デザイン8

間取りを見る

やわらかいご家族のイメージをそのままカタチにしたようなお家を目指しました。
敷地的には分譲地の中の一番奥の旗竿地ということもあって、ゆったりと南向きに配置計画を考えました。ただし、南側隣地に倉庫があったため境界から4m離して2階LDKのプランをご提案。
ゾーニングデザインはリズムよく決まっていき三角に残った敷地の余白を裏庭として使えるようにデザインしました。建物と裏庭がいい感じにつながる距離感を大切にして窓や外構を考えると同時に「自分たちでつくっていく庭」というコンセプトで外とのつながりを大切にした家づくりを一緒に考えていきました。
シンプル&ナチュラルなインテリアがお好きなT様のイメージに合わせて床もオークのオイル仕上げ、建具も白で統一。その中でも窓の高さや、ドアの高さを場所によって変えることで、ちょっとした変化が楽しめる遊び心を加えていきました。
もちろん南側の日射遮蔽はしっかりと南の大ひさしで防ぎつつ、シンプルな造形にまとめたタイコーのパッシブ設計。機能美を性能という形で満たした構造・断熱も備わっています。
シンプルな空間の中に奥様の作られた小物やこだわりのトラックの家具が存在感をかもしだす素敵で優しいお家となりました。

Concept |家族図書館のある南向きパッシブハウス

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(俯瞰)

南側の建物をどうかわすかがポイントだね

配置計画

南向きの建物配置が可能な旗竿敷地(接道方向は東側になります)。
まず最初に考えたのは南側隣地にドンとそびえる2階建ての倉庫をかわしての日射を確保できるか?プライバシーを確保できるか?の2点。タイコーが考えた答えはシンプルに南側境界から約4m離して配置を検討すること。その上でLDKを2階にもっていくプランを検討していただきました。都市型での住宅設計の場合は1階より2階のLDKの方が明るく、開放的でプライバシーも守れる提案ができることが多いのですが、今回のご提案でもそのメリットは大きく、静かで穏やかな時間が流れるLDKを実現できました。

シミュレーションとは?

日照と通風(卓越風)のイメージ

光と風の考え方

敷地の南境界からドンと4m離すことによって広い空地を作れたので、1階もしっかりと光と風の入りを確保できたT様邸。2階LDKのプランで南面間口いっぱいをLDKの側面として配置したため、より有効に南からの日射を確保でる設計デザインとなっています。
夏の日射はしっかりと南面の大ひさしでカットし、冬はしっかりと部屋の奥まで光が差し込むパッシブ設計はお約束。南面に大きな掃出し窓を2つ確保したため雨天時の吹き込みも心配なく、しっかりと風を流せるつくりとなっています。
北面の裏庭とのアクセスもしっかりと窓と勝手口でとっているため、自然を感じながら快適な風の流れを作れているのも魅力的なプランのポイントになっています。

Simulation | 日照シミュレーション

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋外)

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋内・LDK)

南面からの日射だけでなく、北面からのやさしく入り込む光も取り込もうと積極的に窓を設けているのが特徴のT様邸。もちろん南面にはしっかりと日射を確保するために大きな窓がひさしとセットで取り付けられています。
外観の特徴にもなる大ひさし。今回は袖壁と繋げてぐるっと囲んでくり抜いたボックスのようにデザインされています。さらに光を有効に取り込むため南側へボコッと飛び出てインパクトのある外観になっています。
バルコニーとLDKの良好な関係が快適なプランの秘訣です。

Impressions | お客様の声

お客様写真

「こうして欲しい」への早くて的確なレスポンスに助けられた家づくり

物件名
T様邸
所在地
東大阪市
構 造
木造3階建て SE構法
築年月
2016年
延床面積
128.51m²
実家(奥様方)もタイコーさんで建てたので、ずっと前からタイコーさんは知っていました。たまたまここ(東鴻池太閤苑)を通りかかったときに、そのタイコーさんの分譲中ノボリを発見。「まだ土地ありますか?」ってたずねたら、いまの敷地ともう1区画だけが空いていたんです。

それまでは、少し離れたところで中古の一戸建てを購入して住んでいました。でも、敷地が14坪しかないため、理想的な建て替えは無理だと考えて売却を検討していたんです。そんな時に出会ったタイコーさんの土地でした。

土地が決まったらさっそくイメージづくり。私(ご主人)が建築の電気設備関係の仕事に携わっていることもあり、図面もCADで描けるんです。なので、自分たちがしたいことを絵にしてはタイコーさんに持ち込んで相談。週に1~2回はうかがっていたでしょうか? 普通の方の3倍多い打合せ回数って言われてました(笑)そうやって描いた図面はスケッチをまとめてみると、厚いファイル2冊分に。これには自分たちもビックリ。でも、いまでは良い思い出ですよ。

はじめから要望したのは1階の図書スペースです。あえて2階のリビングとは離れた別スペースにしました。静かに過ごせる図書館イメージです。これは絶対に欲しかったですね。それから、毎日使うスペースはゆとりのある空間にしたかった。ですから、玄関や玄関ホール、そして階段・通路は意識して広くしています。それに、トイレも。ただ、そうやってプランを見直していくごとに私(ご主人)の部屋は徐々に狭くなっていきましたが…。

(インテリアや小物のセレクトを担当された奥様)リビングの広さや玄関ホールの雰囲気について希望を出しましたね。それから、1階の居室の窓から裏庭が見えること。餌を置いておくと小鳥たちがやってくるのを観察できるんですよ。この窓に限らず、全ての窓の高さについて実寸で確認していたので、入居してもイメージと寸分の狂いがなかったですね。

私たちの「こうして欲しい」にタイコーさんのレスポンスが早く的確だったので、ホント助けられました。すべてが理想どおり。要望に100%応えていただけた感じです。ただ、どうしもて年末には入居したかったということあり、焦ってバタついた時には「一度、落ち着いて考えたほうがいいですよ~」と言われたこともありましたけど(笑) 
いま思うと、きっとたいへんやったんやないかな~、タイコーさん。お世話になりました!

Message | 担当者より

  • 営業 市川 健
    営業
    市川 健

    こだわりいっぱいの家づくりは毎度ながら楽しいです!今回のお家は裏庭をつくった2FLDK。インテリアのこだわりもお持ちの家具をお聞きしているだけでヒシヒシと伝わって…。ポカーンと広かった分譲地の一番奥の敷地ですが、お家が完成したらまるで初めからそこにあったような…なんとも不思議ですが絶妙にマッチしている、そんなお家づくりでした。

  • 設計 中瀬 由子
    設計
    中瀬 由子

    お客様が2Fのリビングまでに通られる全ての部分。玄関・ホール・廊下・階段・そしてお手洗いの全ての寸法を広めに設計したので…ちょっとずつ寸法調整が大変だったのですが…。完成して体験するとやっぱりかなり印象が違うのが自分でもよくわかります!素敵なお家これからも共々よろしくお願いいたします。

  • コーディネイト 中野 紀子
    コーディネイト
    中野 紀子

    窓という窓に奥様のセンスがちりばめられた素敵なお家。照明器具やカーテン、ちょこっと置かれた植物でもここまで空間が豊かになるんだな~と逆に教えてもらったような・・・楽しいお家づくりでした。段数を増やしてゆったりととった幅も広い階段は必見ですね~

  • 工事 吉澤 卓真
    工事
    吉澤 卓真

    今回もしっかりと構造・断熱気密させていただきました。いつもより広いモジュールがたくさん使われていて建築中はぼかーんと広くてちょっと勘が狂いましたがやっぱり完成したら、圧巻ですね。大型の私もゆったり通れる家寸法…いいですね~♪

Thank | 振り返って

タイコーの分譲地の中で建築させていただいたT様邸。ゆったりとした敷地にのびのびと設計・建築できたお家になります。ドンと据えた建物と敷地の隙間が豊かな余白となってこれから一緒に変化していく育つ裏庭となっているのがチャームポイント。

すこしづつご自身で手を入れて育てていく植物。「ここは結構、日があたりすぎるから逆に枯れてしまった…」なんてお施主様に我々でも気づかなかった庭づくりのコツを教えてもらったりするのが、正直とっても楽しかったりします。

シンプルな形状の中にも快適に暮らせるおおひさしを兼ねた囲いインナーバルコニーだったり、ちょっとリビングの天井高さを高くして2.7mにしたり、廊下や階段の企画寸法を広げてみたり。
奇をてらうのでなく生活するご家族の事を考えよりそっているような飽きのこない「質」の高い家づくりができたことがまた私たちの自信ににもつながりました。

T様これからもお家ともどもタイコーをよろしくお願いいたします!
  • シミュレーション時の画像シミュレーション時の画像
  • 実際の外観実際の外観
この施工事例の資料を請求する

施工事例