株式会社タイコーアーキテクト Idea Trium(イデア・トリウム)

No.027 黒いボックスが目を引く2.5階建てパッシブハウス東大阪市

完成予想パース
タイコーの新都市型パッシブハウスのご提案、南向き約33坪と良好な立地に建つお家です。
敷地形状は南北に長い整形。南北に開けたロケーションで北側には田園が広がり、ここは大阪?な壮大なロケーションが広がります。
プランニングにおいてまず北側の開放感を取り込むこと、次に検討したのが「日射」「通風」「プライバシー」「開放感」。どの要素も実は反対の性質をもった関係性があり、普通ではなかなか実現するのは難しい項目でしたが、今回はLDKを2階にあげることで、それらの要素をすっぽりと収めました。

先ずは日射、もちろん南向きの光をたっぷりと取り込むために大きく南に開き開放感を上げるため、LDK部分の天井高さを約4mとし、2.5階建ての高さ空間を作ります。また、大きく庇を付けたバルコニーを南側に設けて、第2利用できるリビングを外に作り出します。さらに風通しをより効率的に行うために、LDKの北側にもバルコニーをとり、
大きく南北に開きました。これで北側の開放感と田園の借景も加わりました。
最後に南側の開いた部分に目隠ししつつ、風を取り込めるように格子をデザイン、取り付けて完成。

これがタイコーの都市型パッシブデザインです。敷地の性格によってさまざまなバリエーションも生み出せるあたらしい家のご提案です。

Completion | 竣工写真

  • 竣工写真1
  • 竣工写真2
  • 竣工写真3
  • 竣工写真4
  • 竣工写真5
  • 竣工写真6
  • 竣工写真7
  • 竣工写真8
  • 竣工写真9
  • 竣工写真10
  • 竣工写真11
  • 竣工写真12
  • 竣工写真13
  • 竣工写真14
突き出た黒いボックスが印象的だね
  1. ボコッと飛び出たバルコニーがチャームポイント。

  2. 高天井のDKに東側からの光を採り込むハイサイドライトがポイント。

  3. 玄関ポーチにも、しっかりと屋根があるので、自転車が置けたり、壁もちょっとした展示スペースになっています。

  4. ダイニングキッチンスペースは約4mの高天井。とっても開放的です。

  5. ダイニングキッチンとリビングスペースは一体の空間です。SE構法ならではの柱・壁の無い大空間です。

  6. 存在感のある階段が、家の真ん中でインテリアを引き締めます。南北の開放感が快い空間を演出します。

  7. 対面キッチンのカウンターを少し高めに設定、ブロックのクールな質感も◎。キッチン収納の囲いの造作もインパクトがあります。

  8. バルコニーは外部リビングとして使える大空間。目隠しの格子はプライバシーを守ります。

  9. |トイレと洗面|洗濯機|と、間仕切られた水まわり。洗濯機は収納扉で隠せるので、来客時にも手洗い空間をすっきりと広く見せます。

  10. 北側のバルコニーは動線がよく、広さも4帖と十分なスペースを確保。快適に洗濯物が干せます。

  11. 大容量の土間収納。大きいサイズの鏡はとても便利。土間収納のスライド扉にもなります。

  12. スケルトンの階段が2階LDKへと続きます。ワクワクしますね。

  13. 主寝室と書斎スペース。奥にはウォークインクローゼットも!

  14. 子ども部屋は、将来は2部屋に間仕切れるように設定。お子さんが小さいうちは大空間でご使用ください。

内部をもっと見る

Design | デザイン

  • デザイン1
  • デザイン2
  • デザイン3
  • デザイン4
  • デザイン5
  • デザイン6
  • デザイン7
  • デザイン8

間取りを見る

タイコー流の都市型パッシブ最新型。本物件は、南向き敷地であり日射条件は良好。ただ、プライバシーを考えると南面の生活道路からどのように切り離し、確保するのか? をしっかりと検討する必要がありました。
日射、通風、プライバシーを全て満たすために思い切ってLDKを2階にレイアウトし、もっとも開放的で快適な空間を外観でも凸している部分に集約しました。
外観デザイン的にも要素がデザイン化されカタチとなっているのでしっかりと主張できていて面白い形状のお家となりました。
内部インテリアはミルク色の塗装したオーク材を使うことで軽やかな質感のモダンインテリアとなっています。
シンプルながら主張もあり都会的で洗練された心地いいお家となりました。

Concept | 南向きパッシブデザイン

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(俯瞰)

南側間口を生かした配置だね

配置計画

敷地形状に素直に従い南側間口を最大限に利用しつつ、駐車場、玄関エントランススペースを作ると、北側に寄った配置となります。
今回はより採光とプライバシーを重視したため、LDKを2階に配置しています。そうすることで開放感のある特別で落ち着いた空間ができあがります。
より広く開放的なリビングを希望される方は、あえてリビングを2階にすることでスッキリとした空間を実現できます。
1階LDKの時と比べて物理的に建築面積における「玄関」「シューズクローク」「ホール洗面」「お風呂」等のスペースを同じ階に設定しなくてよくなるからなのですが、これは設計においてはかなり大きな自由度の変化です!LDKは1階の固定観念を取ってもいいかもしれませんね~

シミュレーションとは?

日照と通風(卓越風)のイメージ

光と風の考え方

南間口いっぱいに光を取り込むため大きな窓を前面に配置した2階LDK。ダイナミックな空間を実現するために天井高を4m超に設定し吹き抜けた側面部にもまたしっかりと窓を配置しています。
ポコッと飛び出た頭部分の東側、南・北それぞれに取り付けられた窓は時間帯、季節ごとに違った光を取り込む装置となります。
もちろん南側にはしっかりと大きな庇が取り付けられていて夏の日射は防ぎつつ、冬は取り込むパッシブ設計となっています。
風は卓越風向である南南西~北北東に向けて設けた掃出し窓から心地よく吹き抜けるようにプライバシーにも配慮しつつ設けられています。

Simulation | 日照シミュレーション

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋外)

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋内・LDK)

朝はしっかりと東の光を取り込み、昼は南の日射を奥深くまで取り込む。光が入るということは室内からは空が見えるということ。ただ明るさのために窓をとるのではなく、窓は外の風景や風も取り込める家をより豊かなものにするためのとても大切な要素です。
一軒一軒まったく違う敷地であったり間取りであるタイコーのお家。そのひとつひとつを住まう人を思い丁寧に窓を配置して仕上げていくのが家づくりにおいてはとても大切な作業です。
季節・時間・場所、あなたの最高のポイントはどの窓辺でしょうか?ぜひ探してみてくださいね。

Message | 担当者より

  • 営業 市川 健
    営業
    市川 健

    「タイコーの分譲はそこらの建売とは一味もふた味も違うね!」が聞きたくて、またまた攻めたモデルハウスを建ててしましました!(笑)一番見てもらいたいポンとは2階のLDKの開放感、やはり1階では実現できない空間なのでぜひ一度ご体験ください! 新しい発見があるかも?

  • 設計 中瀬 由子
    設計
    中瀬 由子

    構造的にもとてもスッキリしたお家で、外壁側の耐力壁(リフォーム時に取れない柱や壁)がほとんどなく、将来にわたっても安全で自由に変更できるまさにスケルトン&インフィルのお手本のような間取りです。南北のバルコニーが私のお気に入りポイントです。

  • コーディネイト 中野 紀子
    コーディネイト
    中野 紀子

    ホワイト色のオークと濃い色目の建具、窓台、カウンターをコントラストで使っています。ふわっとした空間の中にもちょっと渋めの塩味を含ませたコーディネイトのご提案。いかがでしょうか? 照明計画も間接照明を多用して落ち着いた上品な空間にしていますよ~

  • 工事 吉澤 卓真
    工事
    吉澤 卓真

    建てていて自分でもさすがSE構法! と思うほど構造の壁が少ないシンプルなお家です! そしていつも通りパンパンに詰め込んだタイコーの真心断熱材!あったかいんですよ!これが!建ててる大工さんにも温いと大好評なんです!

Thank | 振り返って

タイコーの分譲住宅はいわゆる建売住宅とはずいぶんと違うんです。
まずは
①全棟構造安心のSE構法
②もちろんあったか超断熱・超気密・換気もしっかり住宅
③光の入り方もしっかり考えたパッシブ設計
④こだわり対応の造作、豊富なその他OP
⑤一棟一棟しっかりとこだわる注文じこみの設計
⑥営業・設計・コーディネイター・工事がみんな社員でチーム対応
いい出したらきりがないのですが、要するに注文住宅とほとんど変わらない・・・・

建築エリアは特に決めてないけどな~という方は是非、一度ご見学ください!
家好きの集まるタイコーの家づくりは全棟こだわりにあふれてますよ~

ごゆっくりご見学くださいね~、そして夢の家のお話聞かせてください!!
お待ちしております。
  • シミュレーション時の画像シミュレーション時の画像
  • 実際の外観実際の外観

Access | ご来場について(事前ご予約ください)

黒いボックスが目を引く
2.5階建てパッシブハウス

東大阪市東鴻池町5-9-22
お問い合わせ
下記からもお問い合せいただけます。
通話無料 0120-01-8500
メール info@taiko-hc.com
ご来場予約

> Googleマップで見る

この施工事例の資料を請求する

施工事例