株式会社タイコーアーキテクト Idea Trium(イデア・トリウム)

  • 高天井から南の光を取り込む 西向きのパッシブハウス家
  • 高天井から南の光を取り込む 西向きのパッシブハウス
  • 高天井から南の光を取り込む 西向きのパッシブハウス

No.025 高天井から南の光を取り込む 西向きのパッシブハウス八尾市

完成予想パース
閑静な住宅地にあるN様邸。約28.7坪の敷地に建つ邸宅です。
西面接道する道路は4.7mと一般的な広さですが、両隣とも家が建っており、北面は2階建て、南面は3階建てと日射条件としては厳しい敷地であり、日射をどのように取得するかが最大のテーマとなりました。

プランとしては、まず建物を道路に対して2つのボックスに分け、北面のボックスの高さを高天井とすることで側面より光を取り入れる形としました。その光を1Fに取り込むため、階段と隣り合わせて吹き抜けを設け、夏以外の南~西からの光をやわらかく取り込む形状を提案しました。

外観デザインは、バルコニーのプライバシーも確保しつつ西日を防げるように外壁を立ち上げ、卓越風を取り込めるように、バルコニーの袖壁を大きく張りだして屋根とひとつづきの形状となっています。特徴的な部分であることから、その部分と玄関部分の壁を木調サイディングで仕上げて、シンプルな形の中にアイキャッチを作りました。

一方、内部プランのコンセプトは、クラフト系のインテリアが似合う空間づくり。間仕切らない和室をLDKに隣接して配置しつつ、「和」のテイストを極力出さないようにコーディネートしました。
また、水まわりと収納を家の奥である東側に配置し、吹き抜けと階段、LDKを家の主役としご家族のくつろげる空間を提案となっています。

Completion | 竣工写真

  • 竣工写真1
  • 竣工写真2
  • 竣工写真3
  • 竣工写真4
  • 竣工写真5
  • 竣工写真6
  • 竣工写真7
  • 竣工写真8
  • 竣工写真9
  • 竣工写真10
  • 竣工写真11
  • 竣工写真12
  • 竣工写真13
  • 竣工写真14
南からの光を吹き抜けを通して1Fに届けます
  1. インパクトのあるバルコニーの大屋根と一体となった袖壁。風を取り込むのにも役立ちます。

  2. 大屋根部分と玄関部分に木調のアクセント! コントラストが効いてます。

  3. LDKのドアは造作で仕上げて重厚感をUP。お客様にも大好評です!

  4. 縦に長いLDK。階段と一体となった約4.3帖の吹き抜けスペースから、光がやさしく降りてきます。

  5. こだわりのキッチンスペース。カウンター背面をお気に入りのタイルと木製の棚でカスタム! お好きなコーディネイトも自在です。

  6. 吹き抜けに面したキッチン側の壁を、アクセントクロスでマットなカラーに。空間に変化が出て メリハリがつきます。

  7. LDKに隣接する和室。半畳タタミでインテリアにもなじみやすいモダンなスタイルとなっています。

  8. LDKにドンと配置された階段。鉄骨にすることで玄関側からも視線が通り、LDKがより開放的になります。

  9. 集約されたまわりでスムーズな家事動線。収納もしっかりと確保されています。

  10. 吹き抜けのまわりをぐるりとスチールの手すりが回ります。黒の塗装が全体を引き締めます。

  11. 吹き抜け上部のファンが家中の空気をゆっくりと循環させてくれます。エアコン1台で快適な温熱環境を実現するタイコーの真骨頂です。

  12. 家のいたるところに設置した間接照明で、シンプルなスタイルが一段と引き立ちます。昼と夜の変化をお楽しみください。

  13. 吹き抜け上部の高天井部分の側面から柔らかい光が入り込んでいます。反射を繰り返しながらLDKにやさしく下りていく日射取得のしくみです。

  14. ピアノを設置したホールはフリールームと隣接していて多目的な用途にお使いいただけます。

内部をもっと見る

Design | デザイン

  • デザイン1
  • デザイン2
  • デザイン3
  • デザイン4
  • デザイン5
  • デザイン6
  • デザイン7
  • デザイン8

間取りを見る

道路面から見て、建物を2つのボックスとして高さと奥行きをずらして配置した様な形状が特徴的なお家です。

西向きの住宅であり、夏の日射を遮りつつ秋・冬の日射をどのように確保するか? が最大のテーマとなりましたが、上記の建物配置により北側のボックス部分を高天井とし、南側の側面部分より日射を取得できようにデザインしました。また、インテリアへのこだわりも反映すべく、光を取り込む装置としてだけではなく、統一感のあるスタイルとするために吹き抜けと一体で鉄骨階段を設置し、開放的でありながら機能的な空間をめざしました。

1階、2階ともにスケルトン&インフィルの考え方で設計しているので、耐力壁や柱を外周面になるべく集約して自由度の高い可変性のある家となっています。
シンプルでありながら、重厚感のあるクラフトスタイルのお家となりました。

Concept | 西向きパッシブデザイン

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(俯瞰)

北側の高天井側面の窓から光を取り込むんだね

配置計画

東西に長い形状の西側間口の敷地。南側に3階建て、北側に2階建てが建っており日射をどのように確保するかが最大の課題となりました。
家の北側部分を高天井とし、側面から南~西側の光を取り込み、吹き抜けで1階にとどける配置デザインを提案。シュミレーションでは隣接南側の3階建てがあり冬の正午の直射日光は取り込めなかったものの、夕方にかけて西にかたむく日射を取り込み秋・冬においても最大の快適な室内空間を実現できるようになりました。

シミュレーションとは?

日照と通風(卓越風)のイメージ

光と風の考え方

高天井部分の側面である南面から光を取り込み、吹き抜けを介して光を1階にとどける採光計画。また、夏の西日を遮るため、家の正面方向(西)側の窓はなるべく小さな窓を採用。バルコニーの壁も高く立ち上げてプライバシーも同時に確保しています。
外観でも突き出た、大ひさしと袖壁で雨、日射を防ぎつつ、ウィンドキャッチャーとして風も取り込める構造、また、吹き抜けを通じて風が家中を循環する快適な空間となっています。

Simulation | 日照シミュレーション

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋外)

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋内・LDK)

既存の住宅地での建築においては、周辺の建物により日射が確保しにくいことがあります。
今回のお家のように、南側に3階建てが建っているような場合は、冬の南直射日光を取得するのが難しいので、建物の高さや奥行きをずらして配置し、秋・冬においては西日も採光の手段として利用することで明るいLDKが実現できます。

Impressions | お客様の声

お客様写真

家づくりのプレゼンの実際をモデルハウスで納得。説得力がありますね。

物件名
N様邸
所在地
八尾市
構 造
木造2階建て(SE構法)
築年月
2015年
敷地面積
95.08m²
建築面積
55.07m²
延床面積
1F 52.59m²
2F 44.93m²
計 97.52m²
夫婦ふたりともの実家が近い八尾で、土地探しからの家づくりでした。順番としては土地を購入んする前に、建物を建ててくれる会社さんを決める感じでしたね。土地はボチボチ探そうと。
タイコーさんを知ったのはインターネットの検索です。「八尾 東大阪 工務店」そんな感じのキーワードでヒットした数社のうちから2社に絞った中の1社がタイコーさんだったんです。

早速タイコーさんを訪問してみると、まずは前田さんがPowerPointで自社の家づくりにプレゼン。今まで知らないことばかりだったんですが、理屈がわかりやすくて「なるほどなるほど」と納得。その後、モデルハウスも見せてもらい、タイコーさんにお願いしようと決めました。結局、もう1社へは行かずじまいになってしまいした(笑)

見せてもらったお宅の中で印象的だったのは、ビレッタ鴻池IIのモデルハウス(施工事例No.12 現在は販売済み)です。プレゼンで高断熱高気密の効果は聞いていたのですが、夏の暑い日にもかかわらずエアコン1台で全館を冷房できている実際を見ると、やはり驚きでしたね。ぜひ自分の家も高断熱高気密にしようと決めました。実際、この家もUA値は0.46にしてもらってます。お陰で、冬はエアコン1台で十分に暖かい家となりました。それと、性能だけでなく、バルコニーの天井に貼った木といったデザイン面も参考にさせてもらいました。

この家ののプランをしてもらうにあたっての要望は、広いリビングと2階に設けたピアノコーナーでしょうか。吹き抜けの脇に設けることにより、家全体に音が響き渡るようにしてもらってます。構造は、柱のないリビングや吹き抜けを備えること、さらに耐震性能を考慮して、SE構法にしてもらいました。

「工務店」と聞くとなんとなく無骨な印象があったのですが、実際に会ってみると物腰が柔らかく…、良い意味でギャップがありましたね。また、さまざまな要望も最初に決めた予算内に収まるようにやりくりしてくれたり、内装関係については何度も打ち合わせをしてくれたりと、親身な対応にも感謝してます。ありがとうございました。

Message | 担当者より

  • 営業 前田 良
    営業・設計
    前田 良

    注文住宅で土地探しからのお客様の場合は、スピードと同時にわかりにくい土地の要件をきっちりとご説明しコストをお伝えするのが大切です。いい家がお引渡しできてよかったです。

  • コーディネイト 林 千恵
    コーディネイト
    林 千恵

    インテリアにもこだわりのあるお施主様でいろいろと一緒に考えたり、ショールームいったりと楽しかったです。思っていた質感が出せて満足です。

  • 工事 田中 陽平
    工事
    田中 陽平

    気密・断熱 もちろん今回もバッチリやらせてもらいました!冬のあったかい家は本当に最高ですよ!

Thank | 振り返って

「気になる土地があるから、ちょっと見て欲しい」からのスタートでした。
注文住宅で土地を探される場合、ゆっくりと検討していく時間がなかなかとれないのが現状です。 私たちは、土地に潜むリスクやどんな家が建てられるのか? 光はちゃんと入るのか? 建物の構造の根拠や断熱・気密・換気性能等のスペック根拠、はたまたお気に入りのインテリアを踏まえてのコスト提案まで、お客様の不安をなるべく取り除いた上で、よりわかりやすく家づくりをしていただけるように、プレゼンテーションさせていただいています。
N様もしっかりと夢のお家のイメージをお持ちいただいていたので、スムーズに提案ができました。細部の造作からひとつひとつ最初に決定することは難しいのですが、タイコーでは事例や3Dによるざっくりとしたコストのご提案ができるので、N様も安心して家づくりしていただけたのではないでしょうか。

クラフト感のあるインテリアがお好きなN様。好きなテイストの家具や雑誌を参考に造作や既製品を柔軟につかってコストバランスよくつくりあげたインテリアで、どこかほっとする、あったかいお家になりましたね。
可変性のある2階のホールとフリールーム。これからもこのお家がどう変わっていくのか?楽しみですね!
  • シミュレーション時の画像シミュレーション時の画像
  • 実際の外観実際の外観
この施工事例の資料を請求する

施工事例