株式会社タイコーアーキテクト Idea Trium(イデア・トリウム)

  • 6間口南向きを活かした 空を切り取る軒の家
  • 6間口南向きを活かした 空を切り取る軒の家
  • 6間口南向きを活かした 空を切り取る軒の家

No.022 効率的に光を取り込む 南向き都市型パッシブハウス東大阪市

完成予想パース
閑静な住宅地の他社分譲地であった一区画、約25.5坪の敷地に建つM様邸。東西両側に2階建て建物が隣接し、主な採光計画を南側からの日射でまかなうことが求められましたが、幸いにも南向きに開けているため、良好な日射が期待できる敷地形状でした。
南北に長く建物を配置し、立体的に南側集光面積を増やすため、2階~3階にかけて大きな吹き抜けを配置しました。また、冬の日射を室内深く取り込みやすいように2階LDK部分の壁を極力なくし、階段の袖壁も木の格子を用いて視界・光がともに通る空間設計となっています。

外観デザインは、夏の日射を防ぐために設けた大屋根が間口いっぱいに広がり、下から見上げた時に特徴的なアイコンになるように木調で仕上げています。また2階のバルコニー部分を箱型にフレームを組み、ポッコリと飛び出たようにデザインしました。屋根部分をポリカーボネートで仕上げることで雨を防ぎつつ、光を取り込めるように機能性も高めています。

内装のコンセプトはナチュラルテイスト。風合いのあるウォルナットの床があたたかい空間に演出します。使い勝手と収納量を両立した造作やインテリアは、コーディネイターと何度も打ち合わせしたこだわりが詰まっています。
心地よい光が降り注ぐ大きな吹き抜けのあるM様邸。ダイニングから見上げた青空は最高ですね。

Completion | 竣工写真

  • 竣工写真1
  • 竣工写真2
  • 竣工写真3
  • 竣工写真4
  • 竣工写真5
  • 竣工写真6
  • 竣工写真7
  • 竣工写真8
  • 竣工写真9
  • 竣工写真10
  • 竣工写真11
  • 竣工写真12
  • 竣工写真13
  • 竣工写真14
風通しの良い3階のフリースペースが気持ちいいですよ
  1. 夏の南からの日射をしっかりと防ぐ、間口いっぱいの大屋根が特徴的なデザインの外観。

  2. 玄関ホールから廊下にかけて、天井の一部に木を貼って照明計画をより印象的にしています。

  3. 玄関に隣接したシューズクロークもしっかりの大容量。アウトドアグッズもなんでもはいっちゃいます。

  4. 寝室は一段上がった畳敷きで印象がガラリと変わります。もちろん下部には収納も!

  5. 将来的にまじ切れる子供部屋。大きな一室空間を実現できるのもSE構法ならでは魅力です。

  6. 階段の横壁は木の格子で仕上げて、光と視線を通すようにデザインされています。

  7. こだわりのパナソニック製アイランドキッチンがお客様をお迎えします。ブラックウォルナットの床とマッチして高級感が格上げされています。

  8. キッチンの背面の造作棚にはスクリーンパーテーションを採用して、うっすら中が見えるようになっています。収納量も使い勝手もばっちりです。

  9. ダイニングのわきに設けたカウンタースペースで勉強やパソコンもできちゃいます。窓台を木に換えると雰囲気もガラッとかわりますね。

  10. 大きな吹き抜けからは、南の光が降り注ぎます。飾りで取り付けているSE構法の梁がナチュラルなインテリアによくなじんでいます。

  11. 3階のバルコニーは、まるで屋上のようですね! 木調の屋根裏と青空のコントラストが美しいです。

  12. 3階部分のフリースペースは勉強スペースにも、書斎スペースにも変化します。さて、どう使おうかな?

  13. 広いお風呂の窓からは、フラワーボックスを利用したちっちゃな箱庭が楽しめます。

  14. 使い勝手にこだわった洗面所の造作も必見。使い勝手も最高です。

内部をもっと見る

Design | デザイン

  • デザイン1
  • デザイン2
  • デザイン3
  • デザイン4
  • デザイン5
  • デザイン6
  • デザイン7
  • デザイン8

間取りを見る

南向きの敷地での都市型3階建てのデザイン。夏の日射を遮るために間口いっぱいに大屋根を出しています。また屋根の裏を木調に仕上げているので外観の印象が引き締まって見えます。
2階のバルコニーをぐっと飛び出してデザインすることで凹凸のある立体的な造形にが特徴。仕上げは目地無しでコテ抑えをしたマットな質感。色を鮮やかなブルーにしたことで青空に映える素敵な外観です。
またバルコニー部分の屋根材にはポリカーボネートを使い、雨は防ぎつつもしっかりと光を通す機能面も併せ持ったリビングバルコニーとしてデザインしました。さらに、2階から3階の大きな吹き抜けから南の光をたくさん取り入れる為に採用した大きなフィックス窓も外観を印象づけています。
都会的な外観の中に しっかりと機能を備えたタイコー流のパッシブハウスです。

Concept | 南向きパッシブデザイン

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(俯瞰)

3階の窓と 吹き抜けが光を集めます。

配置計画

平面上の配置計画はシンプルなM様邸。都市型住宅では限られた敷地で設計し、法規がかかるためビルトイン駐車場とアプローチ部分を控えたボックス型の平面となっています。その上で3階に伸ばしたボックスをより光が届くように立体的に造形していったようなデザインです。
南側の吹き抜けから冬の光が心地よく降り注ぐシュミレーションが、実際にしっかりと再現されています。家の中にいても空を、外を感じれるような開放的なLDKを実現できました。

シミュレーションとは?

日照と通風(卓越風)のイメージ

光と風の考え方

南向きの敷地であり、比較的に採光計画は容易な環境にあったM様邸。周囲の建物を配置し、その上で光をより効率的に取り込めるカタチを意識してプランニングをスタートしました。
最も有効な光の取り込み方が吹き抜けを利用した採光計画であり、風の流れもしっかりと計算された機能的な住宅となっています。
用途に応じた引違い窓、縦すべり窓を採用。大きな窓のおかげで風と光のとおる快適で開放的な空間が完成しました。

Simulation | 日照シミュレーション

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋外)

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋内・LDK)

都市部の3階建てでは、採光、通風と同時にプライバシーも確保しなければいけません。東西面の窓は、極力風をとりこむ小窓として、メインの窓を南側に集約して設計提案を行いました。
より光を取り込めるように南面に大きな吹き抜けとバルコニーを配置ししっかりと光の受け口を確保。また夏の日射を防ぐために外観の特徴にもなる大屋根を間口いっぱいに配置した、快適な都市型パッシブハウスとなっています。

Impressions | お客様の声

お客様写真

タイコーさんの提案を積極的に採用。これからの住まい心地が楽しみです。

物件名
M様邸
所在地
東大阪市
構 造
木造3階建て(SE構法)
築年月
2015年
敷地面積
84.42m²
建築面積
111.74m²
延床面積
1F 53.000m²
2F 49.27m²
3F 9.47m²
計 111.74m²
実は、タイコーさんに依頼する以前に、他社さんと話を進めていたんです。「あっちにもこちにも声をかけて相見積」みたいなことが苦手なので、一社とだけです。しかし、提案されるプランが、その会社のテイストを押し付けられている感じで「ちょと違うかな?」「それって、私たちじゃなくてもいいよね?」という印象が拭えず、いったん白紙の戻したんです。

そこから、あらためて会社探しからということになり、以前よりホームページなどを見て「いいな」と思っていたタイコーさんのモデルハウスを見学に行きました。「ビレッタ鴻池」と「ビレッタ三島」です。印象は「こういうのもいいな」と、しっくりくる感じでしたね。その時はまだ土地は決まっていなかったのですが、後日、たまたま自転車で通りがかりに見つけた土地を購入することがとつぜん決まり、一気にピッチが上がりました。

どういう家にしたいかは(奥様が)「構想ノート」を作ったんです。「2階で生活のほぼすべてができること」「お風呂場は広めに」「できれば書斎も」などを伝えました。また、階段まわりの雰囲気とか、キッチンの収納については絵も描きましたよ。それを元に、タイコーさんと打ち合わせをしていったんです。

結果として、プランは初回のものでほぼ変更なしという満足できるご提案をもらえました。また、最初に「tree house」というコンセプトの元に説明してもらえたのも、わかりやすく、納得できるものでしたね。

普段はハウスメーカーの設備に関係する仕事をしている(ご主人)ので、マスプロダクトとは正反対の「人がつくる一点ものの家」にはとても興味があったのです。その点、タイコーさんとは楽しく進められましたね。
他社さんと比較して、タイコーさんの特徴は「コミュニケーション力」、もっと具体的に言えば「ヒアリングをする力」だと思いますよ。コーディネーターの林さんも設計の山村さんも、こちらの「こうしたい!という意図がすぐ伝わるのが気持ちよかったですね。おかげで、自分たちがイメージしていたことを全て具現化した満足できる家づくりができました。これからもよろしくお願いします。

Message | 担当者より

  • 営業 羽柴 仁九郎
    営業
    羽柴 仁九郎

    土地探しからの注文住宅がスタートでした。
    最初に土地を見た時から「これはいい家が建つぞ!」と感じたのを覚えています。タイコー流のアレンジが効いた都市型3階建て、素敵なお家ができてうれしいです!

  • 設計 山村 恭代
    設計
    山村 恭代

    大きな吹き抜けのLDK。完成したお家を見てシュミレーション通りの光が入っているのを見て、やっぱり感動しちゃいますね! こだわりの詰まったお家の完成おめでとうございます。

  • コーディネイト 林 千恵
    コーディネイト
    林 千恵

    打ち合わせにつぐ打ち合わせに日々…、なつかしいですね!
    細かく使い勝手をイメージしていただいていたので、ご提案はしやすかったです。インテリアが大好きな奥様との打ち合わせは楽しかったです!

  • 工事 田中 陽平
    工事
    田中 陽平

    今回もしっかりとこだわり断熱・気密やらせていただきました。
    日本の四季のいいところだけを味わえるタイコーの家づくり。住んでみてのご感想はいかがでしょうか?

Thank | 振り返って

土地探しからの注文住宅がM様とのお家づくりのスタートでした。
「気になる土地があるんです」とご連絡を受けて見に行ったのがこの敷地。他社さんの分譲地の1区画で、すでに東西の区画が建っている中地にあたる土地。一目見て「これはおもしろいお家が建つぞ!」と感じたのを覚えています。 プランでは建物を周辺環境に合わせて立体的に設計していきました。吹き抜けの位置を設計と決めてからはどんどん間取りが収まっていきました。実際のお家も、大枠はほぼほぼファーストプランの骨格どおりで、その中に、こだわりの造作やインテリアがふんだんに取り込まれたお家になっています。 断熱性能は温熱計算でQ値1.69 UA値で0.42 共に北海道での長期優良住宅の断熱基準をクリアするスペシャルな性能を実現。タイコーならではの高気密・高断熱の住宅はシュミレーションでは体験できない快適性能を実現しています。 ひときわ目立った外観のM様邸は、タイコーが胸をはっておすすめする都市型3階建てです。M様 かわいがって育てていってくださいね!
これからもよろしくお願いいたします!
  • シミュレーション時の画像シミュレーション時の画像
  • 実際の外観実際の外観
この施工事例の資料を請求する

施工事例