株式会社タイコーアーキテクト Idea Trium(イデア・トリウム)

  • 豊かなものは外からやってくる L型のパッシブハウス
  • 豊かなものは外からやってくる L型のパッシブハウス
  • 豊かなものは外からやってくる L型のパッシブハウス

No.019 豊かなものは外からやってくる L型のパッシブハウス八尾市

完成予想パース
閑静な住宅地の北東角に位置する立地。南側からの日照を得つつ、同時にプライバシーを確保するために、中庭を囲むように建物をL型に配置した設計です。外構計画も建築と並行して検討を行った結果、中庭スペースを有効に使えるように、また同時にプライバシーを確保できるように壁で囲う計画となりました。これにより、内外のギャップの大きな建築となり、外観からは想像できない広がりとつながりを持った建築プランとなりました。

リビングからつながるポーチ部分と、そこからさらに広がる芝生の庭には木々がゆらぎます。高低差と遠近を利用した、外と内とが立体的につながる空間構成です。視界のよく抜けた開放的な芝生の庭は、空へと自然につながっていきます。これらの自由な設計提案と大開口を実現できたのがSE構法の採用です。

また、たくさんの窓は開放感を満喫できる反面、熱の移動による暑さ寒さの侵入がこれまで宿命でしたが、この邸宅では国内最高レベルの樹脂製3重ガラス窓を採用することで、熱の移動をシャットアウトしました。タイコー流のL型住宅がここに誕生しました。

Completion | 竣工写真

  • 竣工写真1
  • 竣工写真2
  • 竣工写真3
  • 竣工写真4
  • 竣工写真5
  • 竣工写真6
  • 竣工写真7
  • 竣工写真8
  • 竣工写真9
  • 竣工写真10
  • 竣工写真11
  • 竣工写真12
  • 竣工写真13
  • 竣工写真14
床下エアコンによる基礎を使っての冷暖房が新しいね
  1. 水平ラインが強調された外観デザイン。西日を遮る格子がさらに外観を特徴づけます。

  2. L型に配置された建物。中庭からの風をより効率的に取り込む、斜めの袖壁がアクセントになってます。

  3. リビング上部の吹き抜け大空間は圧巻。チークのフロアが高級感を演出します。

  4. リビングに隣接した畳コーナーは猫の特等席? 風もよく通り、家全体も見渡せます。

  5. こだわりのキッチンは、テーブルも同素材でオーダー。アイランドと一列にならんだ配置が素敵です。

  6. キッチン上部の天井を一段落としてチークを貼り、間接照明をあしらうことでレストランのような演出。

  7. カップボード等を引き戸の収納の中にスッキリ収めました。美しく、機能的に。

  8. 玄関のアプローチには木を貼って、どことなくやわらかい印象に。お客様も入りやすいですね。

  9. 大空間の土間から奥につながる、見えないシューズクローク。とっても便利&大収納です。

  10. リビングのTVボードとなっている、石を貼った壁は吹き抜きを貫き、2階ではカウンターにもなってます。

  11. 階段は東の光を1階にとどけるように鉄骨で組まれています。モダンなインテリアとも相性抜群です。

  12. 断熱性能にも特化したこの家の窓は、樹脂&3重ガラスを採用。明るいのにしっかり断熱!

  13. 1Fの床下にエアコンを取り付け、基礎が輻射式冷暖房に早変わり。均一な温度空気環境をご体験ください。

  14. 広々な子供部屋は、これからのライフスタイルの変化に伴い間仕切りは自由自在。使い勝手よく変化させてください。

内部をもっと見る

Design | デザイン

間取りを見る

この邸宅の特徴は、その配置計画がそのまま外観にあらわれる「L型」のたたずまいです。凹んだ部分をどのように計画するのか? が最大のポイントでした。
住宅設計において、「豊かなものは外からやってくる」と言われています。現在の建築において、光や風、そして自然はよいもの、豊かなものと位置付けられます。しかし、同時にプライバシーを守ったり、熱や花粉などは取り入れたくないなど、かつてより矛盾する項目が追加され、はるかに難しい難題になっています。
この大きな矛盾を、建物は建物性能で、設計は設計性能で解決しなければならないと、それぞれが補い合いながら、削り出した答えがこの「L型」住宅です。「豊かなもの」がどのようにやってくるのか? をご覧ください。

Concept | L型配置の家のパッシブデザイン

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(俯瞰)

南からはたっぷりと採光。西日の遮蔽がポイントだね

配置計画

L型配置の家の形状を、より楽しめるよう、室内側からの視界を重視しました。
キッチンに立ったとき、畳コーナーで寝転んでみた時、それぞれのシチュエーションで、もっとも気持ち良い、奥行きのある庭を作り出すように構成し、同時に道路から見えないよう塀を立ち上げて、プライバシーを確保しました。

「大開口で陽光を採り込むパッシブデザインでありながら、プライバシーが守られている」そんな家になりました。

シミュレーションとは?

日照と通風(卓越風)のイメージ

光と風の考え方

夏の日射を遮るために、南面に大庇を配置。また、西日対策として、2Fの西面の軒下にブリーズソレイユとして格子を配置し、西日を大幅にカット。同時に、道路側からの視線もカットし、プライバシーを確保しました。
また、より多くの卓越風を受けるために、建物をL型に配置し、さらに袖壁を斜めに立ち上げることで、建物全体としてウィンドキャッチャーとしました。光と風をたくさん取り込む、素敵なお家となしました。

Simulation | 日照シミュレーション

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋外)

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋内・LDK)

南面からの日射が、冬はリビングの奥まで取り込まれているのがわかります。またブリーズソレイユなどで西日にも配慮している点で、夏の快適性はより優れたものになっています。

Impressions | お客様の声

お客様写真

タイコーさんの提案を積極的に採用。これからの住まい心地が楽しみです。

物件名
N様邸
所在地
八尾市
構 造
木造2階建て(SE構法)
ダブル断熱
築年月
2015年
敷地面積
200.06m²
建築面積
104.34m²
延床面積
1F 91.09m²
2F 72.25m²
計 163.34m²
最初はタイコーのビレッタの購入を考えていたんです。その後、土地の相続などの関係から注文住宅を建てることになり、あらためて相談にのってもらいました。西側の道路を挟んで隣家が、また、南側にも同じ2階建ての住宅が建つ立地のため、外からの視線が気にならないようにしならが、タイコーさんが得意とするパッシブデザインを実現するにはどのような提案になるのか? 楽しみで。

そして出てきたのがこの「L型」の外観でした。いままでタイコーさんの施工事例では見たことがなかったデザインだったので、意外でしたね。でもよくよく説明を聞いてみると、採光、通風、そしてプライバシーをよく考えているなと納得。気になる西日についても、格子でカットされるように考慮など、なるほどと。

プランについては、ほぼお任せです。要望を伝えたのは家事動線とニャンコの部屋です。家事動線については、以前住んでいたマンションのキッチンがL型で使いづらかったので、アイランド型にしてもらいました。デザインを揃えたダイニングテーブルとつなげることで、配膳や片付けがとても便利です。ニャンコ部屋はなかなか場所が決まらなくて、意外と苦労したかな。それと、収納を多めにしてもらうことで、部屋にものが散らかることもなくなりましたね。
友達などが来て一様に驚くのが、土間からいきなりリビングにつながる空間の構成です。玄関ホールや廊下といったスペースを設けない、大胆な構成に意表を突かれるみたいで。ただ、私たちの親世代にとっては、多少違和感があるみたい(笑)

インテリアについても同様にお任せです。チークのフローリングは重厚感があって、いいですね。吹き抜けを貫く石貼りの壁面もシンボリックで空間がビシッと締まった感じになり、とても気に入ってます。また、床下エアコンによる輻射式冷暖房や最新のサッシの導入など、タイコーさんの提案を積極的に取り込んでみました。今後の住まい心地が楽しみです。

Message | 担当者より

  • 営業 羽柴 仁九郎
    営業
    羽柴 仁九郎

    L型配置の家は個人的にも大好きで、「中庭をどう室内側に取り込むのか?」わくわくした家です。樹脂トリプルサッシに、輻射式冷暖房システムの組み合わせ。快適すぎる家です。

  • 設計 山村 恭代
    設計
    山村 恭代

    視界を意識して、立体的に考え配置したので、同じ庭も眺めるポイントによってまた違った風景となる素敵なお家です。西日遮蔽には苦労しました…。

  • コーディネイト 林 千恵
    コーディネイト
    林 千恵

    お施主様の好みがはっきりとしていたので、提案もスムーズに進められ、モダンな空間になりました。あとは…、ニャンコがいたずらしないことを祈るだけです(笑)

  • 工事 田中 陽平
    工事
    田中 陽平

    お施主様と何度も現地で打ち合わせした分、とても精度の高い収まりになっています。住宅性能も、ディティールも、妥協なし!

Thank | 振り返って

高断熱&高気密のお家に、新しく輻射冷暖房システムを装備したこのお家。お施主様も「家中全体をエアコン3台で、本当に効くの?」と不安そうでしたね(笑
夏と冬をこれから過ごしていただき、ご感想を聞くのが 楽しみです。
パッシブデザインの効率を最大限に活かしつつ、プライバシーと視界の通りを重視したこのお家は、性能値以上に快適なお家になったと思います。
家族の思い出を刻んでいってください!
  • シミュレーション時の画像シミュレーション時の画像
  • 実際の外観実際の外観
この施工事例の資料を請求する

施工事例