株式会社タイコーアーキテクト Idea Trium(イデア・トリウム)

  • 都市型狭小の黒いパッシブハウス
  • 都市型狭小の黒いパッシブハウス
  • 都市型狭小の黒いパッシブハウス

No.016 都市型狭小の黒いパッシブハウス大阪市城東区

完成予想パース
都市型の狭小住宅。大阪市内ではもっとも多いのがこのカタチだと思います。土地条件としては 土地間口約4.8m、奥行き約12m(道路負担除く)、約60㎡実質約18坪(道路負担除く)は市内の建替えで最も多い敷地形状です。
西向き間口のこのお家の南面は現在駐車所になっていますが、将来的には建物が建つことも想定してプランする必要があります。また、間口が狭小であるため、最大有効を考えながらも近隣等の環境プライバシーをよく検討して窓配置を行う必要があります。
プランとしては、1Fに水回りを集約し、2FのLDKをゆったり目に。各階への通風・採光は、階段スペースを利用してつなぐ。そんなお家となりました。モダンシックなダークトーンで外観・内観ともにコーディネイトした、スタイリッシュなお家です。よく「吹き抜けや階段のドアが無い家は寒くないですか?」とお客様にご質問されることがありますが、実際は逆です。狭小住宅で小さく仕切ることは、視覚的・日射・通風上・最大有効面積どの点においても不利になります。そもそも、居室部分と非居室の空間との境界にドアがないと温度差ができてしまう家、そこに根本的な問題のある「非健康住宅」であると認識してください。
当社の誇る高断熱・高気密住宅では室内はエアコン2~3台で家中を温度差を4度までに抑えることが可能です。だからこそ光・風を家全体に通わす大空間を実現することができ、同時に快適な温度・湿度も兼ねそろえた空間を実現できるのです。
これからの新しい都市型住宅のカタチを、快適な断熱性能の視点からリモデルしたタイコーならではのお家です。

Completion | 竣工写真

  • 竣工写真1
  • 竣工写真2
  • 竣工写真3
  • 竣工写真4
  • 竣工写真5
  • 竣工写真6
  • 竣工写真7
  • 竣工写真8
  • 竣工写真9
  • 竣工写真10
  • 竣工写真11
  • 竣工写真12
  • 竣工写真13
  • 竣工写真14
玄関を入ってすぐの階段が存在感ありますね。
  1. 外観のポイントになっているバルコニー部分は、ポッコリと飛び出て格子によって囲まれています。

  2. キッチンとテーブルを一直線に並べたレイアウト。造作のテーブルとの一体感が高級感を演出します。

  3. こだわりのリビング階段。2階から3階への階段はシンプルな細い筒で吊って固定。浮いているようですね。

  4. 東西に長手に続くLDKに対し、間接照明も同じ方向に流してさらに強調!気持ちのいい視覚感です。

  5. キッチンも腰壁部分に床と同材の無垢フローリングを施工。ニッチがワンポイントです。

  6. こだわりのカップボード。インテリアのカラーテーマは「ブラック」です。

  7. 玄関入ってすぐのこだわり階段(その2)明るいだけでなく入口に向かって伸びてくる構造が迫力あります。

  8. 広い玄関とホールには、しっかりとシューズクローゼットを完備し、収納力もバッチリです!

  9. 1Fに集約した機能的な水回り。洗面所は1.25坪とちょっと大きめで、収納たっぷりです!

  10. 2Fの手洗いスペースがちょっと特別感を演出しますね。

  11. カップボードから一直線でつながるパントリースペース。冷蔵庫も食品もここですっきりまとまりますね。

  12. 囲われた感のある西面バルコニー。格子で風は通しながら、プライバシーは守られます。

  13. 主寝室にはたっぷりの収納と、趣味の小物を置ける飾り棚があります。

  14. 子供部屋も今は1室。将来はいつでも間仕切って2室にできるようになっています。

内部をもっと見る

Design | デザイン

間取りを見る

特徴はポッコリと囲われたバルコニー。間口いっぱいに出すのではなく、一部とすることでボックスのような外観。黒で統一された外壁に、シャープなアルミの格子がアクセントとなっています。
南面からの将来に備えた採光を確保するため、横長のフィックス窓をLDKに配置。室内からは、将来にわたってもっとも採光のとれる形状としました。
縦長の敷地のメリットを最大限活かす階段のレイアウトで間口を感じさせない空間を再現し、光・風の流れるお家となっています。

Concept | 西向きのパッシブデザイン

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(俯瞰)

配置計画

西面間口からの採光、また、今は駐車場となっている南方向からの採光を確保するプラントなっています。
東西面の隣地間を確保しつつ、最大の間口を確保し、バルコニーも室内の一部であるように設計配置して、限られたスペースを最大限に利用するプラン&配置計画となっています。

シミュレーションとは?

日照と通風(卓越風)のイメージ

階段スペースが光や風の通路になるんだね!

光と風の考え方

都市型狭小であることから、隣棟の間隔は狭く、将来的には直射での採光計画が取りにくくなることが考えられるため、隣棟に反射し拡散する日射を、プライバシーを意識しながら最大限取り込むために、横長の窓を高い位置に設置しました。また、階段を利用して、立体的に上下の光・風の流れを意識しています。
東西に長いの建物形状を活かし、西側のバルコニー(3Fバルコニー床庇と格子で日射遮蔽)から取り込んだ風を、そのまま取り込み東側へ流す形状となっています。

Simulation | 日照シミュレーション

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋外)

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋内)

隣棟との間隔が確保できないため、南面の庇を設置できなかったのですが、横長の窓を高い位置に取り付けたため、夏の日射が入りません(窓高が30cmのため)。
しかし、現在は冬の直射はしっかりと取り込むことができます。LDKのほぼ中央部分まで光がはいるのがわかります。
西日はバルコニー格子でカットできる、夏涼しく・冬暖かい間取りとなっています。

Impressions | お客様の声

お客様写真

コンパクトな躯体にこだわにの要望をすべて凝縮。楽しい家づくりでした!

物件名
K様邸
所在地
大阪市城東区
構 造
木造3階建て
築年月
2014年
敷地面積
59.65m²
床面積
120.19m²
結婚3年目、長男が生まれたのを期に「家を買おうか?」と考えました。しかし、夫婦の意見が合わず、結局ズルズルと先延ばし。その後、長女が生まれ、長男も幼稚園の年長になったことで「小学校の入学までにはなんとかしないと!」とおしりに火が着いた感じで家探しを始めました。
この時も「子供はすぐに新しい環境にも馴染むから、郊外で広めの家にしよう」という私の考えに対して、妻は「今いる学区で探そう」。ここは、嫁の意見を尊重し、エリアを限定して探すことにしました。

家については、建売住宅でも構わないという妻を押し切って、私は思い通りに建てられる注文住宅を希望。雑誌やインタンーネットで施工事例のデザイン好みで数社をピックアップ。その1社がタイコーさんだったんです。

2013年8月末にタイコーさんにアポを取り、羽柴さんと面談。このときの第一印象が、結果的に大きかったですね。他社のように調子の返事をばかりをするのではなく、家づくりで大切なこと、特に構造や断熱・気密といった「性能」、また、敷地条件にあわせたパッシブ設計が、快適さを大きく左右することを教えてもらいました。実際、モデルハウスや完成見学会で冬にうかがった家は、他社と比較して、どれも明るくあたたかく、それまで聞いていた説明に改めて納得しましたね。

期限のある、限定したエリア内での土地探しでしたので、気が気でない時もありましたが、なんとか無事に土地も取得し、「いよいよプラン」となったときはうれしかったですね。 建物に対する自分たちのイメージは、外観、内装ともにシンプル、シック、スタイリッシュという要望をお伝えしました。また、広く上質感あるリビングとリビング階段、土間収納、ビルトインガレージなどの希望も加え、プランニングしてもらいました。

希望が多かったため、プランがなかなか難しく、何度も変更がありましたが、その度に3Dで検討してもらい「タイコーさんスタッフ一同、一緒に家づくりをしてくれているな~」と心からうれしかったです。

設計だけでなく、土地の検討から資金(ローンまで)など、全ての面で営業の羽柴さんには、ほんとうにお世話になりました。また、インテリアも外観含めて 予算・見た目たくさんたくさん迷いましたが きちんとトータルでご提案してもらったので、楽しく家づくりができました。自分でもこだわった部分は、やはり家ができてからもかわいくって…。
友達に早くみせびらかしたいですね!これからもよろしくお願いいたします!

Message | 担当者より

  • 営業 羽柴 仁九郎
    営業
    羽柴 仁九郎

    LDKに満載のこだわり。
    いや~ いい家になりましたね! 都市型3階建ては本当にいろいろ難しいのですが、その分やりがいがあります。楽しい家づくりありがとうございましたっ。

  • 設計 山村 恭代
    設計
    山村 恭代

    構造的にも難しい部分もあったのですが、SE構法ならではの構造計算により、強度もしっかりと確保できましたね。

  • コーディネイト 林 千恵
    コーディネイト
    林 千恵

    しっとりとしたダークトーンのコーディネイト。キッチン・カップボードも面材等、細部までしっかりとこだわりがきっちりと。お友達に自慢してくださいね~

  • 工事 田中 陽平
    工事
    田中 陽平

    工事中も、なにかとおやつをいただき、励みになりました!(笑)毎度のことながらこだわりの断熱気密性能の家に仕上がったと思ってます。これからもよろしくお願いします。

Thank | 振り返って

「都会によくある3階建てにはしたくない」
お会いした最初から外観も意識された家をご希望だなと感じました。
見ていただいたコンセプトハウスのインテリアのイメージ、設計の考えかた・断熱・気密性能、もちろん重要度の高い構造。当社のすべての考え方を気に入っていただき、「この家このままでいいです(笑)」といっていただいたのがうれしかったです。
そこから土地探しと同時に、一気にプランと急スピードでお家づくりがスタートしましたが、思い返せば、本当にあっという間でしたね。

今回も当社の家づくりの理念がしっかりと体現できたお家だと思っています。
そんなこだわりのお家を愛してくれるお施主様がおられることをうれしく、またちょっと誇らしい気分になれたお家づくりでした。
これからもよろしくお願いいたします。
  • シミュレーション時の画像シミュレーション時の画像
  • 実際の外観実際の外観
この施工事例の資料を請求する

施工事例