株式会社タイコーアーキテクト Idea Trium(イデア・トリウム)

  • L型のファサードが印象的 南向きの都市型パッシブハウス
  • L型のファサードが印象的 南向きの都市型パッシブハウス
  • L型のファサードが印象的 南向きの都市型パッシブハウス

No.011 L型のファサードが印象的 南向きの都市型パッシブハウス八尾市

完成予想パース
閑静な住宅街にあるM様邸。約23.9坪とやや狭小な敷地に建つお家です。
南面道路は4.7mと標準的な道路幅です。分譲地の転回道路が前面にあるため、南面からの採光計画が容易な立地でした。
1階部分に駐車スペースを確保するため、2階がLDKとなるプランとなりました。LDKはひとつなぎでありながら「くつろぎのスペース」「だんらんのスペース」「趣味のスペース」を意識してレイアウトするため、階段を家の中央部分に配置するというご提案となりました。

外観のデザインは南向きの特性を生かして大きな庇を約1m出しました。
庇をウィンドキャッチャーとなる東面外部の袖壁とL型につなげ、木目柄のサイディングを使用することで輪郭を強調しました。ベース色を白とグレーの吹き付けとすることで木の箱を積み上げたようなリズミカルな外観となりました。

LDKはキッチンにL型キッチンを採用し、コクピットのようなブース。この周囲にカウンターテーブルを造作することでインテリア的にも統一した空間としました。
リビング部分とは斜めにつながりを持たせ、ひとつなぎでありながらそれぞれが独立することもできる空間を創造しました。また、リビングの隣りには本棚とピアノコーナーを配置して、プライベートのスペースとしています。
階段まわりをぐるりと回遊することのできるこの2階LDKは、用途に応じて使い分けができる一方、柱と壁を限界まで取り除き、光と風をやさしくつなぐ心地よい空間となりました。

Completion | 竣工写真

  • 竣工写真1
  • 竣工写真2
  • 竣工写真3
  • 竣工写真4
  • 竣工写真5
  • 竣工写真6
  • 竣工写真7
  • 竣工写真8
  • 竣工写真9
  • 竣工写真10
  • 竣工写真11
  • 竣工写真12
  • 竣工写真13
  • 竣工写真14
  • 竣工写真13
  • 竣工写真14
ゆるやかに区切られたLDKがポイント!
  1. 外観のアクセントになる袖壁と大屋根の「L型」。木柄の素材がさらに立体的にお家を引き立てます。

  2. 玄関入った左手にはたっぷりのシューズクローク。アウトドア用品もしっかり収納できます。

  3. 通常の1.25倍の広さの洗面所とお風呂。洗面にはしっかりと収納も完備され、すっきりとした水回りです。

  4. LDKの真ん中に位置する階段。壁で仕切らずにガラスで間仕切ることで、気配と光を上下につなぎます。

  5. こだわりのL型キッチンは扉面材もしっかりとこだわってオーダー。2000種の面材からセレクトしたオンリーワンのキッチンです。

  6. 対面のカウンターもフローリングと同色でコーディネイト。エアコンのファサードやペンダント照明がカジュアルレストランのようですね。

  7. 造作のTVボード。上部の間接照明でムード満点のリビング。

  8. 照明もコントロールできる「ライコン」を採用しているので、シーンに合わせて切り替えできます。

  9. 奥様の趣味のピアノと読書コーナーも「見せる」回廊の一部です。

  10. カラーリングにもこだわった2階のお手洗い。楽しくなっちゃいますね。

  11. 3階の洋室は間仕切り収納家具での間仕切り、自由にレイアウトを変えることができます。

  12. 3階の書斎は仕事も趣味も没頭できる空間です。さて次は何を調べましょうか?

  13. 主寝室には間接照明を仕込み、片面織り上げ天井に。落ち着いた雰囲気ですね。

  14. 2階バルコニーには光は通すけど雨は防ぐ造作の天井ルーフ。細部にもパッシブデザインのご提案。

  15. 外部から見てもかわいい印象の窓は、室内側からみるとまるで潜水艦のよう!気密性能・断熱性能も最高の樹脂の3層ガラスを採用しました。

  16. 主寝室の奥にはしっかりとウォークインクローゼットを完備。毎日のファッションチェックも容易ですね!

内部をもっと見る

Design | デザイン

間取りを見る

南向きの狭小敷地で、箱を重ねるように立体的にレイアウト。その中にしっかりとパッシブデザインのエッセンスを組み込んだ、独特の外観です。

キッチンから眺める景色は、南からの光を感じつつ、ななめに視線がのびるようにレイアウト。ずっと離れたくないコクピットのようなキッチンとしました。

風の流れも東西面には小さな窓でも卓越風をしっかりと取り入れる縦すべり窓を設置。袖壁でダイナミックに取り込む南面掃出し窓からの風は、ストリップ階段によって上下階に運ばれます。
スケルトン&インフィルの考えに基いて、2階・3階はできるだけ柱・壁をなくしたワンルーム設計。これにより快適に光・風を得られるだけでなく、将来的なライフスタイルの変更にも対応できます。

気密・断熱性能にも関心の高いお施主様でしたので、断熱性能はトリプル樹脂サッシをご提案。
「Q値=1.72 C値=0.47」と、大阪の長期優良住宅の指標である「「Q値=2.73 C値=5.00」という基準を圧倒的に超越した、ハイスペックな住宅となっています。

「自由な間取りを実現するラーメン構造」「快適性を意識した光と風を考えたパッシブの設計」「最先端の施工技術で実現する圧倒的な気密・断熱性能」、それと「こだわりを実現するインテリアコーディネイト」
まさにタイコーのイデアを実現したお家だと言えます。

Concept | 南向きのパッシブデザイン

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(俯瞰)

配置計画

南側以外の三方を囲まれた、都市型の立地です。両側の住宅が将来建て替えになることも想定した計画です。
敷地面積は約23.9坪と「狭小」の部類に属すため、積み木を積んだような3階建てとなりました。
南面道路は4.7mと標準的な道路幅ですが、分譲地の転回道路が前面にあるため、南面からの採光計画は容易な立地です。

シミュレーションとは?

日照と通風(卓越風)のイメージ

大きな庇が効果的だね

光と風の考え方

分譲地の転回道路となっている立地を最大限に利用してして南の光を取り得るため、南面に大きく庇をつけ開口部を設置しました。また、吹き抜けの代わりに家の中央に階段を配置。風と光を上下につなぐ機能を付加しました。
卓越風を効率的に取り込むために東西面の小窓は縦すべり窓とし、ウィンドキャッチャー機能を付加。また、南庇の大屋根のある開口は引違窓とし、突然の雨にも対応できるようにしました。北側の窓は換気用の小窓とし、南側の住宅にもプライバシー配慮しています。
気密性能を活かした第一種換気により窓を開けないときも快適に室内の温度・湿度を調整できる健康も考えた住宅です。
平成24年度 地域型ブランド化事業の採択物件でもあるこの家は、パッシブデザインの理念に基づく設計と圧倒的な気密・断熱性能で設計計画されており、「100年住宅」を実現した環境にも人にもやさしい住宅です。

Simulation | 日照シミュレーション

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋外)

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋内)

隣接物件は2階建てであるものの、将来的な建替えによる環境にも対応すべく、2階LDKには開口を大きくとりました。
庇の効果で夏はしっかりと日射を防ぎ、冬はキッチンにまで光の届く、明るく快適なLDKプランとなりました。

Impressions | お客様の声

お客様写真

「この人たち、ほんまに家づくりが好きなんやな〜」その感心が信頼に

物件名
M様邸
所在地
八尾市
構 造
木造3階建て
築年月
2014年
敷地面積
79.24m²
延床面積
137.77m²
「自分たちの生活スタイルにあった家が欲しい」が家づくりのきっかけはでした。本とピアノが好きな妻のためのスペースが欲しかったですし、私の趣味である山登りや自転車の用具類も溢れかえっていたので、まずそれらがキレイに収まる家にしようと。
でも、実際に家づくりのことを調べる中で、「断熱」と「気密」の性能が住み心地を大きく左右するということを知ったんです。そんな時に出会ったのが、タイコーさん。話してみると、マニアックなくらい断熱性能などに詳しい。なのにひとつも「熱心な営業」をしようとしない。そんな(ちょっと変わった)姿勢に好感を感じ、最初の訪問にもかかわらず、9割方「ここにお願いしよう」と思いましたね。実はそれまでもいくつかの住宅会社を回ってはいたのですが、「商売には熱心なのに断熱性能については知識があやふや」みたいなことばかりで、ずっと迷っていたんです。

そこから先は、タイコーさんだけにお願いしました。打ち合わせやプレゼンテーションの中でつくづく感じたのが「この人たち、ほんまに家づくりが好きなんやな〜」ということ。完成見学会に行っても、設計した自分たちがその家に惚れているのがわかるんです。「どんだけ自分たちの建てた家をほめんねん!」とあきれるほどでしたね(笑)。でも、それだけ「愛」を持って家づくりに取り組んでもらえるのなら安心だとも思いましたよ。

設計の提案も驚かされることばかりでした。たとえばピアノの置き方。当然、個室に収めるものと思いきや、階段を挟んでリビングルームと付かず離れずの絶妙の間合いに。さらに、妻の愛読書を収めた書架をピアノと向かい合わせに配置することで、妻にとってはこの上ないスペースになりました。私のアウトドア用品も、ガレージ奥に収める設計により、汚れを気にせずに片付けることができるようになりました。
もちろん、重視していた断熱・気密性能も完璧。断熱材とトリプルガラスの樹脂サッシにより、外気温をシャットアウトできています。この夏も冷房を入れたのは2回だけ。外の暑さを寄せ付けませんでしたね。また、高気密化は防音性能にもつながるので、ピアノの音漏れもほとんど無しです。

家づくりの過程の中で、いまでも思い出すのが、最初のプレゼンテーション。「ピアノがあるリビングがテーマ」だからと、BGM付きのプレゼンテーション。そんな「遊びゴコロがありながら、仕事はプロ」というのが、タイコーさんの魅力でしょうか。とにかく打ち合わせや設計を進めている時期は、めちゃくちゃ楽しかったですね。お金があったらもう一回タイコーさんと家づくりをしたいと思っているくらいです。

Message | 担当者より

  • 営業 羽柴 仁九郎
    営業
    羽柴 仁九郎

    いつも楽しいお話をしていた思い出ばかりですが、本当にM様に喜んでいただけるのは季節が一周した1年後。五つ星をいただきたく、またご感想をお聞きに伺いますね!

  • 設計 山村 恭代
    設計
    山村 恭代

    こちらのご提案したイメージをすんなりと受け入れていただき、うれしかったです。
    思い描いた家を共有でた素敵な家づくりでした。

  • コーディネイト 林 千恵
    コーディネイト
    林 千恵

    カラーコーディネイトも、本を見ながらいろいろと一緒に考えましたね(笑)。キッチンは私も初めて見たお色ですが、フロアの色ととっても合っていて大正解でしたね! 

  • 工事 田中 陽平
    工事
    吉澤 卓真

    建築中も現場にたくさん足を運んでいただき、大工さんも僕もうれしかったです。また、何かあったらすぐご連絡くださいね!

Thank | 振り返って

初めてお会いしたときから、お家のこととてもよく研究されているな~と感じました。特に断熱についてはよくご存じで、マニアックなお話もたくさんさせていただきましたね(笑)また、趣味の山登りも自転車も、私は恰好だけでしたがこだわり満載でしたね!
家づくりについても「されたいこと」「これを実現したい」を明確に伝えていただけたので、設計・コーディネイターともに、がっちりとM様のお家をトータルでご提案できたと思います。

設計のご提案中も建築中も、お忙しいにもかかわらずきっちりと「次回まで決めて来ていただくこと」をこなしていただけたおかげで、こちらの作業もとてもスムーズにすすめることができました。

こだわりの樹脂製3重ガラス窓の断熱性能はいかがでしょうか?LDKの引違い窓が重なって(6重)になった時は、私が見ても「スプライトの瓶みたいな色やな~」と思うほど 色濃く 性能が目で見てわかるお家です。
まずは一年お住まいいただき、快適性能を実感してください。そして、あまりに快適で四季を感じられない家なため・・・ 外で山で、暑い寒いを思いっきり楽しんでくださいね!(笑)

いいお家づくりができる条件、私は、最後は人と人だと 確信しております。
Mさまとのお家づくりも記憶に残るいい家づくりでした!
ありがとうございます!
  • シミュレーション時の画像シミュレーション時の画像
  • 実際の外観実際の外観
この施工事例の資料を請求する

施工事例