株式会社タイコーアーキテクト Idea Trium(イデア・トリウム)

  • 落ち着いたインテリアが印象的 ひろびろ土間のある家
  • 落ち着いたインテリアが印象的 ひろびろ土間のある家
  • 落ち着いたインテリアが印象的 ひろびろ土間のある家

No.010 落ち着いたインテリアが印象的 ひろびろ土間のある家東大阪市

完成予想パース
東大阪市の入り組んだ住宅地の中に建つT様邸。外壁はシャープな印象を与えるガルバリウム鋼板を採用したことでシンプルな箱型の形状がさらに際立ちます。
建物内部は、オークをダークトーンに塗装するとともに、リビングの壁の一部にも同じ床材を張ることで落ち着いた雰囲気のインテリアとなりました。そして、訪れる方がまず驚くのが広い土間空間と、そこからつながるLDKスペース。廊下などの無駄になるスペースを極力省きたい、またリビング空間は広くしたいという施主様の要望を叶えるアイデアの中で実現しました。土間空間は、暮らしの中でのユーティリティスペースとして活躍するとともに、蓄熱体として室内の温熱環境づくりにも一役買います。
立地は、接道道路からは旗竿状に伸びる、変形した土地形状での計画ですが、隣地との間隔が南側・東側共に約4m以上確保できるので、採光や通風の計画は比較的容易な環境でした。また、卓越風向である北北東~南南西の風を効率的に取り入れるために吹き抜けを利用した通風計画を採用しています。
どんな敷地にも対応できる光と風を考えたSOWE DESIGNに基づく、パッシブハウス。あなたのライフスタイルをお聞きして、最適な空間が長く続く家(=変化できる家)を設計します。

Completion | 竣工写真

  • 竣工写真1
  • 竣工写真2
  • 竣工写真3
  • 竣工写真4
  • 竣工写真5
  • 竣工写真6
  • 竣工写真7
  • 竣工写真8
  • 竣工写真9
  • 竣工写真10
  • 竣工写真11
  • 竣工写真12
  • 竣工写真13
  • 竣工写真14
  • 竣工写真15
ウッド部分がダーク系にまとめられて落ち着いた雰囲気です
  1. 黒のガルバニウム鋼板の外壁が、シンプルな外構を引き立てます。

  2. 植栽とキリンがお客様をお出迎え。玄関が引き込まれているので、出入りで雨をしのげます。

  3. 広々とした土間に、スッと伸びたシューズクローク。見せる部分と隠す部分を作り込みました。

  4. 玄関の上には吹き抜けを設けて、明るさと通風を生み出しています。

  5. カラフルなクッションにシックなソファ、そして床材がマッチしています。

  6. 羽目板フローリング材を使ってお部屋にアクセント。元々お持ちだったお気に入りの時計に合わせた色合い。

  7. ステンレスの天板にレザー調の面材の扉で、すっきりとかっこよく。

  8. セパレートキッチンで動線を短く。キッチンからはLDKや玄関が見えます。

  9. ゆったりとくつろげるダイニングスペース。食器棚はあえて腰までの高さにして、圧迫感を無くしています。飾り棚にもたくさん並べられます。

  10. LDKと玄関をつなげることで広々とした室内に。壁の無い26帖の空間です。

  11. 子供部屋にはあえて収納スペースを作らずに、家具で対応しました。

  12. 間仕切りで2部屋に分けられるように、吹き抜けに面した室内窓も配置。

  13. 東と南からの光があたるインナーバルコニー。

  14. 奥様の要望を取り入れ、落ち着いてたシックな寝室に。

  15. リビングとつながったウッドデッキスペース。広さを感じさせてくれます。

内部をもっと見る

Design | デザイン

間取りを見る

全体の形状としては「箱形」の建物です。ガルバニウム鋼板のシャープな質感が、シンプルな形状をより際立たせます。

間取りとして特徴的なのは、趣味やアウトドアにも万能な土間空間。リビング空間をより広く感じさせるとともに、土間部分は冬の日射を受けて熱を蓄熱する機能も兼ねています。家事動線は西側に集約して、LDKをスッキリと配置しています。

内装の特徴はダーク系の素材の多様。フローリングはオーク材をダーク系に塗装し、同じ床材を張ることで落ち着いた雰囲気のインテリアとしました。また、土間部分の造作やキッチン背後の収納も同色で統一することでおちついた雰囲気が漂います。

1FはLDK+土間がメインのスッキリ空間!

Concept | 南向きのパッシブデザイン

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(俯瞰)

配置計画

南西側には約4m離れてに既存の2階建住宅が、また、南東側にも約5m離れて既存の2階建が存在する周辺環境。囲まれている立地ながらも それぞれの家屋までの距離は長く、日射と通風には影響ないものと判断し、北側の敷地境界と水平に建物を設計したために、住宅の向きが南西に振った配置計画となりました。

シミュレーションとは?

日照と通風(卓越風)のイメージ

吹き抜け空間が効果的だね

光と風の考え方

北側の土地の境界と平行に配置計画をしたので、真南より少し南西に振った建物配置となりました。このことから、インナーバルコニー側からの吹き抜け窓は小さめのものを採用し、南向きに位置する吹き抜け部分に大きな固定窓を採用しました。また日射遮蔽の措置としては南面に大庇を60cmせり出して設計し、夏季の日射量と調整します。
卓越風向である南南西~北北東の風を取り入れるのは、1階南面に設けた大きな掃き出し窓。庭がわにウッドデッキを設けて、風を採り入れつつ、自然を体験できるスペースをつくりました。

Simulation | 日照シミュレーション

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋外)

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋内)

入り組んだ住宅地の中にある立地ではありますが、隣地との間隔が南側・東側共に約4m以上確保できるので、採光計画は比較的容易でした。

Impressions | お客様の声

お客様写真

質感やカラーリングに徹底的にこだわり、思い通りの空間ができました。

物件名
T様邸
所在地
東大阪市
構 造
木造2階建て
築年月
2013年
敷地面積
211.07m²
延床面積
104.71m²
大阪市西区の賃貸マンションから、僕の実家に近い東大阪での注文一戸建てをと考えている時に出会ったのがタイコーさんでした。その時は分譲住宅の見学会だったんですけど、家づくりは、建てた後も長いおつきあいになるので、お願いするのなら大手のメーカーではなく、地域密着の住宅会社さんと決めてました。
その後も、タイコーさんから定期的に届くニュースレターを読んだり、ホームページを見たりをしていたのですが、肝心の土地がなかなか見つからなくて。だから、この土地が出たときには、「今しかない!」と、すぐにタイコーさんに連絡を取りましたよ!
家を考えていく段階では色々と希望を伝えましたね。妻が衣装持ちなので、収納スペースは多めにしてもらいました。ダークトーン仕上げのオーク材のフローリングも妻の選択です。外壁のダーク系のガルバニウム鋼板仕上げもそうです。本当は、リビングの壁全体もダーク系を希望していたのですが、コーディネーターさんに「さすがに…」と止められてしまいました(笑)。
僕の希望ですか? 部屋を細かく区切らないこと、それに庭&ウッドデッキですね。外を感じながらの暮らしが好きなんですよ。

Message | 担当者より

  • 営業 前田 良
    営業
    前田 良

    タイミングよく土地があり、自由に建てて頂けたので、T様にはピッタリなお家になりました。

  • 設計 中瀬 由子
    設計
    中瀬 由子

    とってもオープンなつくりを、うまくお住まいになられていてうれしいです。

  • コーディネイト 林 千恵
    コーディネイト
    林 千恵

    全部黒っぽい色を選ばれてどうしようかと思いましたが、メリハリのあるいい家になりましたね。

  • 工事 田中 陽平
    工事
    田中 陽平

    搬出入路の幅が2mしか無く、かなり苦労しましたが、カッコ良くでき上がって良かったです。

Thank | 振り返って

敷地は広かったのですが、搬出入路の幅がかなり狭く(約2m)、軽トラでしか入ることができなかったのが、工事のときに色々と苦労した点ですね。
お家については「玄関から入って、ホールがあって、各部屋に行く」という固定概念を無くし、より広く、よりオープンにしていただくことで、理想の間取りに近づいてきました。同時に、T様のライフスタイルにマッチしたお家が出来たなと感じています。
おシャレなT様のことを考え、完成後にお持ちの小物を飾りやすいこと、また家具などを置きやすいことを念頭に「作り込みすぎない」ように意識してインテリアの計画を行ったのですが、ご入居後にお伺いしてみると、想像以上に見事に飾り込まれていたのを見て、うれしく思っています。
T様、今後ともよろしくお願い致します。
  • シミュレーション時の画像シミュレーション時の画像
  • 実際の外観実際の外観
この施工事例の資料を請求する

施工事例