株式会社タイコーアーキテクト Idea Trium(イデア・トリウム)

  • 十字形のファサードが印象的 南向きの利点を生かした家
  • 十字形のファサードが印象的 南向きの利点を生かした家
  • 十字形のファサードが印象的 南向きの利点を生かした家

No.006 2.5間の間口で実現 東向きボートガレージの家東大阪市

完成予想パース
商工住が混在する用途エリアで東向きに立地する邸宅です。
外観の特徴となる1Fのビルトインガレージは、ガルバリウムの外壁との組み合わせにより、一見すると住宅とわからない外観意匠とし、建物内部との印象のギャップを演出。門型フレームを採用することで、間口約3m奥行き約11mのビルトイン空間を、柱や壁をつくらずに実現しました。

2階のLDKは約22.6帖の大空間。奥様のこだわりのキッチンはステンレスと黒で統一したコーディネイトで空間を引き締めます。
LDKの東の端には段差をなくした約5帖のバルコニーが繋がります。

なお、このお宅は南面からの採光が難しい立地のため、東・西・北の3方向からの光でまかなう基本採光計画で考えられているのが特徴です。それにより、一年を通じてLDKにはやわらかい光が入り込み、南側が開けたお宅とはまた異なった居心地を提供します。どんな敷地にもおいても光と風を考える、タイコーならではの家づくりの考え方です。

Completion | 竣工写真

  • 竣工写真1
  • 竣工写真2
  • 竣工写真3
  • 竣工写真4
  • 竣工写真5
  • 竣工写真6
  • 竣工写真7
  • 竣工写真8
  • 竣工写真9
  • 竣工写真10
  • 竣工写真11
  • 竣工写真12
  • 竣工写真13
  • 竣工写真14
ガレージがハウスが欲しい、クルマ好きには参考になるお宅ですよ。
  1. 黒いガルバリウム鋼板の外壁が、一見、「住宅?」と思わせながらも、玄関前の木の目隠しファサードで暖かさもプラスしています。

  2. 間口約3m、奥行き約11mのガレージスペース。自動車も2台駐車可能な大空間。廊下側にもガラスが入りさらなる開放感を実現。

  3. 東西に長い敷地の特性を最大限に引き出すLDK。北面からの柔らかい光が一日中入り込みます。

  4. 奥様のこだわりの対面キッチン。黒とステンレスで統一されて、空間を引き締めます。夜にはダイニングバーにも早変わり。

  5. 東側のリビングには、ソファが置かれ昼間の特等席。天井に取り付けられたこだわりのスピーカーは、夜の映画をワンランク引き上げます。

  6. 1階の天井の梁を部分的に下げる事で実現した大きなバルコニーはウッドデッキを敷いて。LDKからの段差がなくスッキリです。

  7. ご趣味の多いご主人の基地! ビルトインガレージにはなんとバスフィッシングのボートが…。壁にもギッシリと釣り具が飾られています。

  8. 玄関ドアを開けると、無垢材の床が伸びる長い玄関&廊下が現れます。その暖かいインテリアが外観とのギャップを演出します。

  9. 玄関より延びる廊下からはビルトインガレージの様子が見えます。楽しいギャラリーですね。

  10. 1F階段の下のスペースを有効に活用した手洗いスペース。

  11. オールステンレスのキッチンが、料理タマシイに火を付ける? まるでお店のような美しいキッチンです。

  12. 2F南面に並べられた収納の中にはパソコンスペースが。上部のハイサッシから南の光も取り入れます。

  13. TVを見ていて、ちょっと検索・・・なんて使い方もできるPCコーナー。使い勝手がいいですね。

  14. 3階に上る階段上部にはトップライトが設けられ、階段・ホールを明るく照らします。

内部をもっと見る

Design | デザイン

間取りを見る

キッチンの立ち位置からバルコニーの壁まではなんと約13m! 東西に長い敷地の持ち味を最大に引き出すデザインです。
家事動線はキッチンの背後である西側に集約し、開放的なLDKを実現しました。また、収納と階段・廊下は南側に集約することでスッキリとした空間を実現しています。

1Fも同様に家事動線を重視し、西面・北面それぞれ一列の動線で繋いだ効率的な動線となっています。
南面の窓は、建物間を反射したやわらかい光を取り入れ、同時に通風を行なうハイサッシとなっています。
また、東面のバルコニーは2階3階共に壁を立ち上げてプライバシーを確保しつつ、外観の印象を引き締めます。

全体としてご主人の嗜好が強く反映された、直線的でクールカジュアルなイメージのお住まいです。提案も無駄なラインを増やさないことを意識して、「器はスッキリ・シンプルに」が心がけました。ステンレスのキッチンや柄物のクロスでパンチの効いた男性的な空間と言えるかもしれません。

Concept | 東向きのパッシブデザイン

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(俯瞰)

配置計画

東面接道道路は6mと広いのですが、南面は切り離しした建物が残り、2階以下の南面よりの採光計画は難しい立地と判断しました。
北面は平屋、西面は空き地であることから、南面採光に頼らず、屋根面も含め各方位の光を効率的にとりいれる窓配置を検討した設計となっています。

シミュレーションとは?

日照と通風(卓越風)のイメージ

光と風の考え方

卓越風向である北北東~南南西を窓の高さや形状によって取り入れやすいように基本設計を行いました。
また、南面からの採光は難しいため、階段と収納をあえて南端に集約し、東・西・北で採光をまかなうことを想定した採光計画となっています。東・北面からの柔らかい光を取り入れ、また、窓を上部に配置する事で空の景色も切り取ったように設計です。
どんな敷地にも対応できる光と風を考えたSOWE DESIGNに基づく、パッシブハウスです。タイコーならではの快適なお家のカタチ、ご家族の趣味やライフスタイルもバッチリ実現しますよ~

Simulation | 日照シミュレーション

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋外)

夏至/冬至それぞれの日照シミュレーション(屋内)

隣接する建物との関係から、南面からの採光はハイサッシからだけに限り、基本は東、西、北からの採光をもとに計画しました。

都市部にはこのような敷地がたくさんありますが、計画的な開口部の配置を行なえば、十分に明るい空間をつくりだすことが可能です。

Impressions | お客様の声

お客様写真

趣味のガレージハウス、だけじゃない気が利いた家づくりはさすが!

物件名
T様邸
所在地
東大阪市
構 造
木造3階建て
築年月
2010年
床面積
113.35m²
もともと実家が所有していた土地に建てました。長屋だったものを切り離したんで、東西に細長い敷地になってます。
とにかく、趣味の釣りに使うバスボートが収まる家がつくりたくていくつかの住宅会社を回ったんですが、どこへ行っても「それなんですか?」って感じでどうにもらちがあかなく…。その点、タイコーさんはバス釣りの雑誌を買ったり、寸法を全部測ったり、私のやりたいことを理解して熱心に取り組んでもらえたんで、ホント助かりました。また、柱無しの大空間ガレージをを提案してくれたのもタイコーさんだけでした。

もちろん、ガレージ以外でも色々と工夫をしてもらいましたよ。3階建てではあるんですが、家事動線は全て2階の西側に集約することで、上下階の移動をせずに家事をこなすことができて楽ですね。また、2階リビングの空調効率を考慮した階段室との扉など、細かい気遣いもうれしかったですね。

タイコーさん、楽しく快適に暮らせる家を作ってくれてありがとー。

Thank | 振り返って

「ボートを格納できるお家」を建てたいとご相談があった翌日に、バスフィッシングボートの寸法が載っている雑誌を買いにいったのを覚えています。 キッチン、照明など、こだわり派のご主人とのお家づくりは本当に楽しかったです。少しずつDIYをされてウッドデッキができたり、フェンスができたりと進化を続けていますが、これからもお子様の成長とともにテーブルを作ったり、メンテナンスを加えたりと、色々な工夫をしていっていただきたいなと思っています。
せっかくなので、一度ぐらいはご一緒にバスフィッシングをしてみたいですね。
  • CGによるシミュレーションCGによるシミュレーション
  • 実際の外観実際の外観
この施工事例の資料を請求する

施工事例