温熱環境イメージ

3つの価値[快適なのに省エネな暮らしをつくる(3)]「パッシブZEH」の家づくり

ZEH(ゼッチ)とは何か?

地球温暖化ガスの排出量削減が地球規模での課題となってます。我が国においては、住宅の省エネルギー化を図ることが、温暖化ガスの排出量削減に大きく貢献するとされ、最重要課題のひとつに位置づけられています。
住宅の省エネ化はこれまでも推進されてきましたが、これをさらに推め、エネルギーを生み出す(創エネルギー)装置を個々の住宅に設置し、暮らしで消費するエネルギーを自宅でまかなってしまうのがZEH(Net Zero Energy House:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)です。消費するエネルギーを上回るエネルギーを自宅で発電し、暮らしのエネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのことです。
日本政府は2020年までに標準的な新築住宅のゼロ・エネルギー化を描いています。

創エネルギー>消費エネルギーがZEH

パッシブZEHとは?

「パッシブZEH」とは、タイコーハウジングコアと志を同じにする住宅会社で考えた新たなZEHづくりの考え方です。
メーカーハウスが推めるZEHは、旧来とさほど変わらない企画型住宅に巨大な創エネルギー装置を搭載し、力技でエネルギー収支ゼロを実現する手法です。しかし、これでは創エネルギー装置の購入に多額のコストがかかります。また、必要なエネルギーを得るために太陽光発電パネルを設置しようにも、屋根面積が限られていたり南側に開けていないなどの問題が発生します。
これに対して「パッシブZEH」は、
パッシブデザインを念頭においた設計を行い、仕様においては住宅の断熱気密性能の向上させ、高効率冷暖房システムの採用することで、暮らしに必要なエネルギーをスリム化。
これにより、創エネルギーシステムをコンパクトにしてもZEH化が可能という考え方です。

一般的なZEHとパッシブZEHの違い

1. パッシブデザインを念頭においた設計

パッシブデザインとは、太陽の光、熱、そして風といった「自然エネルギー」をそのまま受動的に利用して、快適な住まいづくりをしようとする設計の考え方です。そして省エネにも大きく貢献します。
冬に室内に射し込む陽射しはポカポカと体の芯から温まります。また、夏の夜風もエアコンや扇風機の風とはまた違い、心地の良いものです。開口部や光の通り道を巧く設ければ、日中に照明を必要とする部屋も無くなります。このように、自然エネルギーは快適の上にコストはゼロ。これを住宅の温熱環境づくりに使わない手はないという訳です。

>パッシブデザインについて詳しくは「自然の力を利用する」「パッシブデザインの考え方」をご参照ください。

パッシブデザインのしくみ

2. 住宅の断熱性能の向上

一年を通しての冷暖房のために消費するエネルギーを見てみると、夏期に冷房に要するエネルギーに対して、冬期の暖房に要するエネルギー10倍以上になります。したがって、冷房よりも暖房に使うエネルギーを抑えることが省エネ効果が高くなります。
効率的に暖房を行うには、住宅の断熱性能を高めるのが最も効果的です。「外壁」「屋根」「基礎」「窓」それぞれを断熱性能を高めて家全体を魔法瓶のようにすることで、暖かさを保ち続けます。関西地域においては、冷房が必要な期間は一般的に3ヶ月程度であるのに比べ、暖房の必要な期間は5~6ヶ月になりますから、その点でも「まずは暖かい家づくりをする」ことが理にかなっている訳です。
ただし、断熱性能を高めると夏期は家電や調理から放出される生活熱が室内にこもり温度が上昇します。これを避けるためには、地窓と天窓、ハイサイドライトなどの組み合わせで室内の通風を良くし、熱気を抜く工夫も必要になってきます。

暖房に使うエネルギーを抑えるのが省エネに効果的

3. 高効率冷暖房システムの採用

冬の曇天や夜間、盛夏の日中など、パッシブデザインや断熱気密性能だけで室内の温熱環境を快適するには難しい時期があります。また、花粉や微粒子が飛散する春先など、窓を開放するのに躊躇する時期もあります。

これらの時期に温熱環境づくりを補完してくれるのが高効率の冷暖房システムです。タイコーが採用している「パッシブ冷暖®」は、床下空間を利用したエアコンによる暖冷房システム。冬は暖かい空気が床下空間を通じて、全館に行き届きます。またフローリングに熱が伝わることで足元も暖かです。一方、夏は比重が高く床下に留まってしまう冷気を機械式ファンで吹抜けなどの上部へ引き上げ、シャワーのように落とすことで全館を温度環境を保ちます。

建物は床下でつながっているため、部屋ごとのエアコンは不要になり、一台のエアコンで全館の温熱環境をまかなうことも可能です。さらに、パッシブ冷暖®の心臓部は暖冷房機器の中で最もエネルギー効率が良いヒートポンプを採用しているため、部屋ごとのエアコンを稼働させるのに比べ、使用する電力を大幅に抑えることが可能となります。

「パッシブ冷暖®」については、以下のリンク先も参照ください。

  • パッシブ冷暖
  • パッシブ冷暖FB
パッシブ冷暖のしくみ

4. 創エネルギーシステムをコンパクトに

以上の工夫により、一般の住宅に比べて使用するエネルギー量を少なくすることで、創エネルギーの負担を軽減し、システムをコンパクトにすることができます。建物が密集した都市部など、太陽光発電パネルの設置面積が限られてしまう立地でも、ZEHを実現することができるのです。

また、ZEHの状況を暮らしの中でモニターできるように、室内の温湿度や消費電力と発電量の推移を自動的に計測し、HEMS(ヘムス)=Home Energy Management Systemを介してパソコンやスマホなどで手軽にご確認頂けます。その情報はタイコーも共有し、お客さまの快適な暮らしへのアドバイスや改善に役立てていきます。

パッシブZEHで太陽光発電パネルもコンパクトに
  • 2.快適なのに省エネな暮らしをつくる/2)パッシブデザインの考え方
  • 3.安全安心な家をつくる/木造最強のSE構法